最新イベント情報

その他のイベントはこちらから

イベント一覧



あおもりに人財を呼び込むための4つの課題研究会

『あおもりに人財を呼び込むための4つの課題』について、先進事例の紹介や情報共有を行うための研究会と交流会を実施させていただくことにしました。これにより、移住・交流を推進する側である市町村と参加企業・支援機関の相互理解の深化、相互の取組に誘導する機会としつつ、具体的な課題に寄り添う内容を提供することを目指します。 開催概要 開催日時 2018年5月30日(水) 10:00~13:15[受付9:30] 参加費 無料(ランチミーティング参加の場合は800円) 主催 NPO法人プラットフォームあおもり 10:15〜12:00課題研究会 移住交流やUIJターン人財に関する研究会 【人材不足】地域企業の雇用創出支援のポイント~人手不足対策ガイドラインの活用~ 株式会社博報堂 テーマビジネス局アカウントディレクター 野口 真理子氏 【関係人口】お試し移住(関係人口づくり)の重要性と成功事例 株式会社パソナ東北創生 代表取締役戸塚 絵梨子氏 【空家活用】地域に移住者を受け入れる住環境づくり~空き家活用の成功事例~ 一般社団法人全国空き家バンク推進機構 事務局長 池上 明子氏 【婚活】家族を増やす地域づくりと県内の婚活事業の課題 あおもり出会いサポートセンター チーフコーディネーター 一戸 健児氏 12:15〜13:15ランチミーティング 研究会参加者同士のネットワークづくり・情報共有のためのランチミーティング [任意参加/会費800円] 申込方法 FAX・メールでのお申し込み 下記の申込用紙に必要事項をご記入いただき、FAXもしくはメールにて送付してください。 【申込用紙】あおもりに人財を呼び込むための4つの課題研究会 メールアドレス:info@platform-aomori.org FAX番号:017-763-5523 ホームページからのお申し込み 移住・交流 先進事例講演のお知らせ あおもり移住・交流推進協議会は同日14時半から、アスパム4階十和田にて先進事例講演を開催します。御関心のある方は下記の協議会事務局へ参加をお申し込みください。 あおもり移住・交流推進協議会事務局(青森県 地域活力振興課内) 電話番号 017-734-9174   メールアドレス ijukoryu@pref.aomori.lg.jp 演題 熱量ある外部人財を受け入れする地域の事例と手法 講師 NPO法人ETIC.ローカルイノベーション事業部 マネージャー 伊藤淳司 氏 日時 2018年5月30日(水) 14:30~15:40 [※協議会総会終了後の御入場となります。]


【終了】平成31年3月大学等卒業予定者企業説明会 in 青森 弘前 八戸

日時及び会場 青森会場 平成30年3月5日(月) 13:00~16:00 (受付:12:30~) ホテル青森3階「孔雀の間」 八戸会場 平成30年3月6日(火) 13:00~16:00 (受付:12:30~) 八戸プラザホテル別館アーバンホール「芙蓉の間」 弘前会場 平成30年3月8日(木) 13:30~16:00 (受付:12:30~) ホテルニューキャッスル3階「麗峰の間」「松の間」 対象者 平成31年3月卒業予定の大学生・短大生・専門学校生等 大学等3年以内既卒者 参加企業 青森会場 約70社参加 詳細はこちら → 「合同企業説明会in青森」参加事業所一覧 八戸会場 約90社参加 詳細はこちら → 「合同企業説明会in八戸」参加事業所一覧 弘前会場 約50社参加 詳細はこちら → 「合同企業説明会in弘前」参加事業所一覧 参加費 無料 申込不要 お問い合わせ 青森県若年者就職支援センター(ジョブカフェあおもり) 〒030-0803 青森市安方一丁目1番40号 青森県観光 共催 県内ハローワーク、青森労働局、青森県若年者就職支援センター(ジョブカフェあおもり) 青森市・弘前市・八戸市、青森雇用対策協議会、弘前地区雇用対策協議会、八戸地区雇用対策協議会 協力 プラットフォームあおもり 後援 青森県


【終了】八戸圏域交流会★生粋の「都会女子」が青森で暮らして見つけた「八戸圏域の魅力」って?

2017年夏、横浜生まれ横浜育ちのママが、5歳の男の子と初めて青森県でのお試し暮らしを体験。今では親子ですっかり青森ファン! 都会しか知らなかった彼女たちを青森にほれ込ませた秘密はなんだったのか? わたしたちが普段当たり前すぎて気づいていない「この地域で暮らす魅力」を、ヨソモノの視点から再発見し、暮らして楽しい地域を作るために何ができるかを一緒に考えるイベントです。 日時 2018年2月18日(日) 13:00~15:00 開催場所 いわとくパルコ本館3階 (青森県八戸市大字六日町10) ※エレベーターを降りて正面の部屋 参加費 無料 ゲスト 須井直子さん 全国各地で叶うライフスタイルや働き方を取材し、自分らしい生き方の道しるべとなる雑誌「TURNS」(https://www.turns.jp/)で企画・編集として活躍されている、須井直子さんをお招きします。 須井さんは、横浜生まれ横浜育ち。5歳の男の子を育てるママさんでもあります。昨年7月に、息子さんとともに八戸圏域にお越しになり、南部町を拠点に1週間のお試し暮らしを体験。八戸圏域内各地を取材してくれました。 須井さん親子のお試し暮らし@八戸圏域の様子は、TURNS vol.25「だから、地方で子育てしたい」と、vol.26「地方の経済入門」の2号にわたり特集されています。 主催 青森県 お問い合わせ NPO法人プラットフォームあおもり  TEL:017-763-5522  FAX:017-763-5523  E-mail:info@platform-aomori.org


【終了】地域同期 若手社員 合同研修

人を育てる新しいしくみ=地域同期 一緒の時間を過ごし、一緒に何かを頑張り、一緒に経験を積み上げると、その仲間(同期)は特別な存在になります。 社内のみではなく、地域の中に「同期」を作ることを目的とし、培われた同期のつながりが入社後の支えになります。 広いエリアでの同期として今後いろんな場面で接点がある仲間(同期)が知り合う機会をつくり、仕事をする上で大切な「意識と基本」そして「チームワークの価値」について「地域同期」の若者たちが一緒に学び合う研修です。 日時 2018年2月23日(金) 10:30~16:30 開催場所 新町キューブ3階 会議室(青森市新町2丁目6-25) 対象者 入社1年目~3年目までの若手社員 定員 20名(申し込み順) 参加費 無料 講師 髙木 茂 NPO法人 プラットフォームあおもり 副理事長 1972年株式会社リクルートへ入社。 1986年リクルートメディアコミュニケーションズ取締役人事部長兼経営企画室長就任。 2005年株式会社オフィス55を仙台市に設立。民間企業に対する採用、教育、制度設計、組織風土設計などの サポートを行う。宮城県、岩手県、青森県をはじめ各行政機関と連携し、東北地方全域を対象に人的資源開発などの企業向け支援や若年者の就業支援などのサポートを手掛けており、自らの経験に基づく具体的且つ実践的なアドバイスには定評がある。2009年度ジョブカフェいわてセンター長等歴任。 お問い合わせ・お申し込み お申し込みは、申込用紙に記入しFAXしていただくか、メール・申込フォームまたはお電話にてお申し込みください。 ●電話でのお申し込み  TEL:017-763-5522 ●FAXでのお申し込み  FAX:017-763-5523 ●E-mailでのお申し込み  E-mail:info@platform-aomori.org チラシダウンロード 地域同期 若手社員 合同研修 申込フォーム


【終了】春へ向かって津鉄でGO!~太宰と焦がれる ごしょまち散歩~

身近にあるけど気づかないもの。春の足音…探してみませんか? 五所川原市金木地区を中心に巡りながら、まち歩きなどを通して男女の出会いを 応援するイベントです。 日時 平成30年3月10日(土) 10:30 ~ 17:00(受付 10:00~) 集合・解散場所 五所川原市民学習情報センター (五所川原市字一ツ谷503-5) 開催場所 五所川原市街地、金木地区周辺 対象 25~45歳の独身男女 各8名 参加費 2,000円 申込締切 平成30年3月5日(月) タイムテーブル(予定) 10:30〜 PR動画視聴 ※参加者それぞれの趣味や特技などを動画にてご覧頂きます。 ※動画作成のため、ご自身のお顔がわかる写真2~3枚程度を ご提出いただきます。 後は事務局にお任せ☆素敵なPR動画をお作りいたします♪ ( 詳細は下記注意事項をご覧ください ) 11:00〜 開会/主催者挨拶 12:00〜 昼食( 喫茶店「駅舎」) 13:30〜 まち歩き( 斜陽館や三味線会館近辺を中心に散策を通し交流します ) 15:30〜 津軽鉄道( ストーブ列車 )にて移動 ( 津軽五所川原駅へ ) 16:30〜 フリートーク・連絡先交換タイム 17:00 閉会 ※天候などによりタイムスケジュールは変更になる場合があります。 ※当日は屋外での行動がありますので歩きやすく・寒さを防げる服装でお越しください。 ※お申込みいただき参加確定後にPR動画作成のため写真の提出をお願いいたします。また、 いくつかの質問事項にも お答えいただきますので、写真提出に加え、質問への回答にも ご協力ください。ご協力いただけない場合、参加をお断りする場合もございます。 あらかじめご了承ください。 ※ご提出していただく写真については参加確定後に改めてご連絡いたします。 司会 柳澤 ふじこ さん  フリーアナウンサー 中泊町出身。フリーアナウンサー。 現在、エフエム青森ラジオパーソナリティー他、ブライダルMC、コミュニケーション講師など多ジャンルで活躍中。社会人大学院生としても奮闘中。一児の母。   主催 五所川原市 後援 津軽鉄道株式会社 運営事務局 NPO法人プラットフォームあおもり 申込方法 ①申込フォーム ②TEL:017-763-5522 (平日:8:30~17:30) ③FAX:017-763-5523 ④E-mail:info@platform-aomori.org いずれかで、「氏名(ふりがな)/性別/生年月日/年齢/住所/電話番号/メールアドレス」をお知らせください。 ※①・④でお申込みの場合、当センターより受付返信メールが届きます。 メール届かない場合は、受付処理がされていない場合がございます。 お手数をおかけしますが info@platform-aomori.org からのメールが届くように 設定をして、再度お申込みください。 ※キャンセルは開催3 日前までご連絡ください。 それ以降のキャンセルについてはキャンセル料をいただきます。 ※参加費は当日お支払いください。


【終了】ちょっと結婚が気になる女性へ 「恋」と「出会い」に効くヒミツの女子会

ウラ星座を知り、自分自身を見つめなおしてみませんか? ワークショップの後は、「ホンネ de 女子会」でざっくばらんに語らいましょう! 日 時 平成30年3月16日(金) 19:00 ~ 21:00 (受付18:30 ~) 開催場所 14-54 (いちよん ごーよん) (十和田市稲生町14-54)   ※会場に駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。 ●十和田市西二番町駐車場 (十和田市西二番町8) 会場まで徒歩5分 ●十和田市中央駐車場 (十和田市西十三番町1) 会場まで徒歩徒歩10分 対 象 ちょっと結婚が気になる独身女性30名 (最少催行人数10名) ※定員となりましたので申込を締め切らせていただきます。 参加費 1,000円(飲食代として) 申込締切 3月8日(木) ※キャンセルは3月13日(火)17:00までにご連絡ください。 それ以降のキャンセルについてはキャンセル料をいただきます。 内容 ●「ウラ星座を知り「しあわせオーラ」で生きるワークショップ」 ・星はあなたの設計図 ・「恋」と「出会い」に効くウラ星座 ・あなたのウラ星座を知る ・「しあわせポイント」を見つける ・ウラ星座活用の具体的方法 ・魔法をでんじゅ!しあわせオーラを輝かせる ●「ホンネde女子会」 「ちょっと結婚が気になる女性へ 「恋」と「出会い」に効くヒミツの女子会」チラシ ワークショップ講師 Nikkoおまもり屋 由布 氏 西洋占星術・タロット占い師。渋谷・新宿・銀座と長年東京で占い師として活躍。2015年結婚を機に青森へ移住。同年夏、十和田市に占いとパワーストーンと麻の店「おまもり屋 由布」をオープン。全国にファンを持つ。著書に「プラネタリウム占星術」など。 ※申込みフォーム送信後、受付返信メールが届きます。 届かない場合は、受付処理がされていない場合がございます。 お手数をおかけしますが info@platform-aomori.org からの メールが届くように設定をして、再度お申込みください。 ※参加費は当日お支払いください。


【終了】あなたの恋カツ 応援PARTY 恋キャラ診断&プチPARTY

個性心理学セミナーで自分の個性&キャラを知るチャンス! セミナーの後は、プチPARTYで参加者同士で交流を深められます♪ 日 時 平成30年3月9日(金) 18:30 ~ 21:00 (受付18:00 ~) 開催場所 たまに庵のーぼ(八戸市三日町11-1八戸ポータルミュージアムはっち1F) 対 象 20~40歳の独身男女 各20名(最少催行人数 10名) 参加費 2,500円(2ドリンク&1プレート) 申込締切 3月5日(月) 17:00 ※申込締切以降のキャンセルについてはキャンセル料をいただきます。 内容 ●みんなの恋キャラ発見ワークショップ  ・自分のこと(自分が求めているもの)をちゃんと知って恋活しよう  ・個性の違いを知って恋活ストレスをなくそう ●恋キャラ交流プチPARTY 「あなたの恋カツ 応援PARTY 恋キャラ診断&プチPARTY」チラシ セミナー講師 しばた けんじ 氏 いむらきよし流個性心理學 認定講師。 青森県平内町出身。黒石市在住。青森東高校、弘前大学農学部を卒業し、県内のOA機器販売会社に就職。約6年半の営業経験を経て独立。パソコンの出張訪問サポートを提供する会社の登録スタッフとなり、某王手通販会社からパソコンを購入された方を中心に出張訪問サポートに従事。2013年個性心理學認定講師となる。2015年には青森県を中心に年間約200回の講座を開催し、2016年以降訪問した先は、東京、大阪、名古屋、岡山、金沢、浜松を始め、18都道府県。現在約900名いる名古屋本部の上位9名「トップナイン講師」の肩書を持つ。 申込み・問合せ先 あおもり出会いサポートセンター (運営団体:NPO法人プラットフォームあおもり)  TEL:017-721-1250  FAX:017-763-5523  E-Mail:aosapo@adsc.jp  申込フォーム:http://adsc.jp/archives/22508


【終了】移住者交流会 つながるワクワクプロジェクト

 青森県における社会的人口減少という最重要課題の解決には、多様な人財が楽しく暮らす地域社会を育てていくことが必要であり、そのためには、あおもりに移り住んだ人等が参加できる『ネットワーク』を地域社会の中に複層的につくりあげることが必要だと考えています。 移り住んだ人が上手く地域社会に溶け込めない、移り住もうと考えている人が今までの生活を変えることに対する不安を抱えて一歩踏み出せない、などの事例があります。  『ネットワーク』づくりは、気軽に悩みを相談できる環境をつくること、青森の生きた情報やここにしかない魅力を発信することなどを目的に、地域に住み続けている人と移り住んだ人(人と人)のつながりをつくる場としたいと思います。更には、地域が中心となって移り住む人のサポート体制の構築を図ること、「ここにしかない魅力」の案内役を地域で育てていくことを目的としています。 開催日時 2018年2月3日(土) 13:00~16:30(受付 12 :30~) 開催場所 新町キューブ 1階 グランパレ(青森市新町2丁目6-25) 参加対象 ・青森県内で地域活動をしている団体またはその関係者 ・青森県内にI・J・Uターン(移住)した方やそのご家族 ・青森県内在住で移住者と交流したい地元の方 …等 定員 50名 参加費 500円 プログラム ゲストによるクロストーク これまでの移住者交流イベントにゲスト参加していただいた方や地域主体で取組んでいる方々などから取組事例の紹介や感想などを話してもらい、意見交換しながら今後の可能性について語ってもらいます。 ゲスト×参加者のグループトーク [UターンorIターン][望んで住んでいるor仕方なく住んでいる]。「移住」といっても立場や状況はさまざま。 青森県に住み続けている方も一緒に、それぞれの立場からのリアルな意見をぶっちゃけトークしましょう! 交流会 ゲストや参加者同士で気軽におしゃべり! 地域を元気にするための活動をしている団体ともつながるチャンス! ゲスト 佐藤 善一さん  (公社)青森青年会議所 移住者交流会@あおもり 参加 1978年青森市生まれ。家業である㈱丸美佐藤組に入社をして平成16年代表取締役社長に就任。 公益社団法人青森青年会議所直前理事長として、魅力溢れるまちの未来を目指して日々活動を展開している。 辻 正太さん  (株)BOLBOP 移住者交流会@あおもり 参加 1982年奈良県吉野町生まれ。埼玉県の中高一貫校で体育科教員として11年間勤務。2016年に転職し、㈱BOLBOP弘前拠点立ち上げに従事。同年7月、鯵ヶ沢町出身の妻と共に弘前市に移住。2017年4月に「コラーニングスペースHLS弘前」を設立して市民に学びと繋がりの場を提供している。 立崎 祐章さん  民宿たちざき 移住者交流会 in 七戸 参加 1981年七戸町生まれ。東京の大学・専門学校で学んだ後に中国で日本語教師として2年半働く。その後、マカオで取得したガイドの資格を生かし、現地で5年半観光案内業に従事。新規就農を志して2013年12月Uターン帰国し、中国人の妻と両親の4人で暮らしている。 吉田 進さん  創作ユニット「 字と図」 十和田市移住フォーラム 参加 1976年東京都生まれ。多摩美術大学在学中からデザイン会社に勤務し、フリーランスを経て起業。十和田市出身である妻の第二子妊娠・出産を機に2013年、同市に移住。酒蔵「鳩正宗」に2季間勤務しながら、夫婦で創作ユニット「字と図」をスタート。 デザインを軸に商品開発やブランディングなどにも活動の幅を広げる。 風間 一恵さん  プラットフォームあおもり 半都半邑の楽しさ 参加 八戸市出身。高校卒業と同時に地元を飛び出し盛岡→山形→仙台→名古屋→ニュージーランド→世界放浪→仙台→名古屋→岐阜と移り住む。2016年秋に地元八戸へUターンし2017年4月から八戸都市圏移住コーディネーターとして勤務。八戸圏域8市町村と連携し移住相談対応やPR活動、交流イベントなどを行っている。 ファシリテーター あおもり回帰1000人会議 代表 玉樹 真一郎 主催 青森県 お申し込み方法 ●お電話でのお申し込み:017-763-5522 ●FAXでのお申し込み:必要事項を申し込み用紙にご記入いただき、017-763-5523まで送信してください 移住者交流会つながるプロジェクト ●メールでのお申し込み:info@platform-aomori.org ●フォームでのお申し込み 下記フォームに必要事項をご記入いただき送信してください。


年末年始休業に関するお知らせ

年末年始の営業日につきまして、下記のとおりお知らせいたします。   【休業期間】 2017年12月29日(金)~2018年1月3日(水)   新年は1月4日(木)より通常営業をいたします。


【終了】就活キックオフ直前対策塾2018

★就活で悔いを残したくない大学生、集まれ!!★ 19卒就活解禁まで待ったなし!準備は出来てる? 午前は就活だけでなく、どこでも使えるビジネスマナーをプロから学ぶ! 午後は企業人(各種20社)を交えてグループワーク! 1日で効率よくマナーからグループワークもこなし、ワンランク上の自分になろう! ※大学1年生からでも参加可能です!ご応募お待ちしております。 開催日時 2018年2月12日(月・祝) 10:00~19:00 (受付:9:30~) 開催場所 ウェディングプラザアラスカ(青森市新町1丁目11-22) 参加費 無料 ※「名刺交換セミナー風雑談力強化研修」に参加される方は飲食代として500円頂戴いたします 服装 スーツ 対象 大学/ 短大・専門学校 2019年度卒業者および既卒3年以内など対象 定員 100名(完全予約制) 参加企業 <金融・証券><流通・小売><農林水産><メーカー・IT><建設><不動産><運輸・交通><マスコミ><行政><介護福祉>などの業界から20社の企業が参加 経営者や人事担当者と、若手スタッフが参加します! 参加企業一覧 ※五十音順 ●青森市役所 ●エプソンアトミックス株式会社 ●倉橋建設株式会社 ●有限会社金子ファーム ●株式会社ジーアイテック ●株式会社青南商事 ●株式会社ディスコ ●紅屋商事株式会社 ●星野リゾート青森屋・奥入瀬渓流ホテル ●株式会社マツダアンフィニ青森 ●株式会社みちのく銀行 ●社会福祉法人楽晴会 内容 午前 ・プロから学ぶビジネスの基礎 (1)ビジネスマナーの根っことは? (2)カタチの重要性を知る (3)ビジネスパーソンに必要なマインド (4)グローバル人材に必要なとっさの英会話〜まずはこの一言を身につけよう〜 午後 ・業界研究の基礎【10年後の業界予想図から、自分の就活を考える】 ・リアル業界研究ワークショップ (1)参加企業のショートプレゼン (2)ワークショップ ①自社の魅力を最大化する採用ツールをつくる ②学生と企業が共に育つインターンシッププログラムを設計する ③自社のサービスや商品の売上げをアップするプロモーション企画をつくる (3)発表・シェア (4)教育型インターンシップのススメ 名刺交換セミナー風雑談力強化研修 より一層、企業人が行っている名刺交換の雰囲気を感じ取って頂くために、お食事・お飲み物(アルコールを含む)を御用意致しました。お楽しみになりながら知識を身につけてください。 ※学生には専用の名刺をプレゼント! 講師 境 香織さん  エフエム青森パーソナリティ/TVレポーター/CMナレーター 柳澤 ふじこさん  フリーアナウンサー 主催 WORK×2ラボ/NPO法人プラットフォームあおもり チラシダウンロード 就活キックオフ直前対策塾2018 チラシ お問い合わせ TEL:017-763-5522 E-mail:wakulabaomori@gmail.com


【終了】TOHOKUなんとかすっぺ会議in東京

志ある企業を応援したい!自分のアイディアや経験・スキルを社会に活かしたい!と思っている方へ 東北の魅力ある企業31社が大集合 あなたのアイディア・アドバイスを求めています! 開催日時 2018年2月3日(土) 13:30~17:00(会場 13:00) 会場 三井住友銀行東館ライジングスクエア3階SMBCホール(東京都千代田区丸の内1-3-2) 参加費 無料 タイムテーブル 13:00 – 13:30 受付開始・開場 13:30 – 13:45 オープニングセッション 13:45 – 14:30 参加企業紹介 14:30 – 14:45 進行説明・席移動 14:45 – 15:20 ラウンドテーブル① 経営者とのディスカッション 15:20 – 15:30 休憩・席移動 15:30 – 16:05 ラウンドテーブル② 経営者とのディスカッション 16:05 – 16:35 感想発表 16:35 – 17:00 クロージングセッション なんとかすっぺ会議で行うワークショップ 東北の企業の代表者と参加者が、その企業のビジョンやミッションを説明し、それらを実現するための課題を共有します。 その課題解決のために楽しくアイディアを出しあいましょう。 課題例 事業拡大のための知識を持つ人材を採用したい ITを活用した地域活性化事業を拡大したい 新製品の海外市場への展開方法を検討したい 志の高い東北の企業の想いやストーリーを直接聞くことができるだけでなく、企業が抱える課題の解決にご自身のアイディアを出し、多様な人の意見から気づきや学びがあります! こんな方におススメ!参加のメリット 就活生 転職をお考えの方 ・就活に欠かせない企業とのコミュニケーションに慣れることができる! ・企業研究を実地で体験。小さくてもキラリと光る企業が集合します。 ・積極的に人材募集する企業との出会いがあります。 経験・スキルを活かす場を求めるビジネスパーソン ・志ある経営者のビジョン、ミッションや想いに触れることができます。 ・自身の知見、経験、アイディアを活かす体験できます。 ・他者との対話から、自分の考え方や強みが明らかになります。 地方創生・地方での生活に興味をお持ちの方 東北復興支援・社会貢献に興味のある方 ・地域に貢献する企業との対話で地方創生について理解が深まります。 ・東北の復興に寄与する企業を応援して東北復興を支援! 参加予定企業 詳しくは以下サイトよりご覧ください。 https://gakusya.org/except_tokyo/event/1639/ 主催 経済産業省東北経済産業局 株式会社社会人材コミュニケーションズ 協力 日経ビジネススクール 申込方法 ※お申し込みいただいた方には事前に参加企業情報をお送りします。(1月下旬予定) ・お電話 お問い合わせ先:株式会社社会人材コミュニケーションズ TEL 03-6435-9922(10:00~18:00) ・お申し込みフォーム 以下URL内「イベント参加申込みフォーム」より必要事項を記入の上、送信してください。https://gakusya.org/except_tokyo/information/1639/


【終了】ベンチャーサミット2018 in 八戸 全員集合!

日時 2018年1月27日(土)13:00〜19:00 (受付:12:30~) 開催場所 八戸グランドホテル(八戸市番町14番地) タイムテーブル 【総合司会】 大谷真樹&島康子 サンプラザ中野くんも激励にやってきます ミュージシャン サンプラザ中野くん 13:00~13:20 オープニングトーク 在札幌米国領事館 領事 ハービー ビーズリー氏 2015年8月に在札幌米国総領事館 広報文化交流担当領事として着任。これまでに副領事としてインドのチェンナイ(旧マドラス)、中国の上海で勤務。 米国務省入省前は、民間企業で勤務、そのほとんどを日本で過ごす。アメリカ フレッチャー法律外交大学院で国際関係論の修士号、インディアナ大学ブルーミントン校で、コンピュータ情報システム、日本語の学士号を取得。 13:25~14:25 基調講演 「究極の突破力! 最高の授業を世界の果てまで届けよう」 e-Educationプロジェクト税所 篤快氏 1989年東京都生まれ。 失恋と一冊の本をきっかけにバングラデシュへ、国際教育支援事業「e-Education Project」を立ち上げ、8年連続で貧困地域の高校生が国内最高峰ダッカ大学合格。 2014年、世界銀行本部イノベーションコンペティション最優秀賞を受賞、バングラデシュ教育省と連携して同国全土への拡大中。 ◇主な著書 『前へ!前へ!前へ!』 『最高の教室を世界の果てまで届けよう』 14:40~15:40   《パネルディスカッション1》 「革命前夜 地方にかけている視点と武器は何か」 【司会】 Yプロジェクト株式会社島 康子氏 昭和40年、青森県大間町生まれ。慶応大学法学部卒業後、(株)リクルートに入社。東京、仙台での生活を経て平成10年春、17年ぶりにUターン。ふるさとの「濃さ」に圧倒される。大間がNHK連続テレビ小説「私の青空」の舞台となったことをきっかけに、おもしろがりたい気持ちが爆発。平成12年2月、まちおこしゲリラ集団「あおぞら組」を結成し、「マグロ一筋」Tシャツ・マグロのぼりを開発するなど、おもしろがる心で地域を元気にする試みを行っている。平成13年から「大間やるど会」の副会長として「朝やげ夕やげ横やげ~大間超マグロ祭り」を企画・実行。「マグロを生かしマグロを超える」まちづくりに取り組んできた。平成25年4月、あおぞら組の収益部門を株式会社化し、Yプロジェクト㈱を設立。地域限定旅行業にも進出。平成26年3月、北海道南部・青森県の女性たちと連携し「津軽海峡マグロ女子会」を立ち上げた。 ◎みなとまちづくりマイスター(平成27年度認定) 【パネラー】 DreamVision Inc. Founder, CEO平石 郁生氏 シリアルアントレプレナー&スタートアップアクセラレーター。株式会社ウェブクルー(2004年に東証マザーズ上場)、株式会社インタースコープ(2007年にYahoo! JAPANに売却後、2010年にマクロミルと経営統合)等を共同創業。2011年3月、株式会社サンブリッジGVH東京オフィサーに就任。グローバルピッチイベントInnovation Weekendを立ち上げ、World Tourを開催。2012年1月、株式会社 サンブリッジ グローバルベンチャーズを設立し、代表取締役社長に就任(2017年6月退任)。2017年7月より、株式会社ドリームビジョンを再始動(現任)。 ビートレンド株式会社井上 英昭氏 福岡市出身。明治大学法学部卒業。剣道五段。1984年米国コンピュータメーカーの日本法人(日本DEC)に入社、1995年に日本オラクル入社。営業部長としてアライアンス事業やERP・サプライチェーンマネジメントの事業推進を担当。2000年に携帯電話を活用したモバイルマーケティングSaaS(ASP)の必要性を感じ、ビートレンド株式会社を創業し、代表取締役就任、現在に至る。著書に「モバイルコマース&プロンモーション(宣伝会議)」。「八戸市市制80周年記念イメージソング」。八戸学院大学・八戸短期大学総合研究所客員研究員。 SSパートナーズ株式会社才式 祐久氏 1968年東京生まれ。学習院大学理学部化学科卒。300万円で創業したインターネット広告会社=メールニュース社が、電通・ソフトバンクのグループ会社に株式交換22億円で買収される。しかしその後ネットバブルショックで借金しか残らず。北海道のご縁でホテルを譲り受け現在札幌2・函館1拠点(ホテルサンルート札幌・ホテルネッツ札幌・ホテルネッツ函館)を運営中。地域航空会社の創業では30億を調達したが、30億の赤字、それでもまだ生き残っている。「いきあたりばっちり」をキーワードに、何度も何度も失敗をしてもその都度不死鳥のように這い上がってくるモンスター経営者を目指している。「やらなかったことに後悔するくらいなら、仮に失敗してもやって悔し涙を流そう」がモットー。 15:40~16:00   起業家養成の10年の振り返りと今後の10年 【報告】 八戸学院大学 学長大谷 真樹氏 1961年八戸市生まれ。学習院大学経済学部卒業。民間企業勤務を経て、市場調査会社、株式会社インフォプラント(現 株式会社マクロミル)を創業。 2001年に起業家のアカデミー賞といわれる『アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・スタートアップ部門優秀賞』を受賞。2008年に八戸大学客員教授、2010年に八戸大学・八戸短期大学総合研究所所長・教授、2011年に八戸大学学長補佐、2012年4月八戸大学学長(2013年4月八戸学院大学に校名変更)、2014年4月八戸学院大学・八戸学院短期大学地域連携研究センター長(兼務)。 大学では「中小企業・ベンチャー企業論」「イノベーションマネジメント」「新農業ビジネス」等の科目を担当し、地域連携研究センターでは『10年で100人の起業家を青森から』をスローガンに社会人講座「起業家養成講座」の主任講師を務め、起業家を輩出している。 16:00~17:00  《パネルディスカッション2》 「養成講座OBボコボコ懺悔 挑戦する権利と失敗する自由」 【司会】 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社前田 亮斗氏 プラットフォーム事業部 副事業部長/地域イノベーションリーダー デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社 佐賀県佐賀市出身。公益法人の立ち上げを経て、2014年デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社に参画。ベンチャー支援を軸とし、延べ30地域の産業政策立案・実行支援の統括、全国23拠点の経営企画支援を担当。地域エコシステム形成等の地方創生関連事業、ベンチャー企業と官公庁・自治体の協業を生み出すピッチイベント「Public Pitch」の責任者を務め、地域リソースを活用した新規事業創出支援等を行っている。『地方創生 実現ハンドブック』(日経BP社)執筆。 Forbes JAPAN 「LOCAL INNOVATOR AWARD2017」アドバイザリーボード選出。県知事委嘱和歌山県スタートアップ創出支援チームメンター。 【パネラー】 南部ベース代表 美曽作 友紀子氏 「食糧生産は国防」の想いで、2015年に八戸市から南部町へ移住し、新規就農。 遊休地を開拓し、輸入資材に頼らない無肥料栽培に挑戦中。多品目野菜と米を生産しているが傍ら、今後は一次加工品である、味噌・漬物・乾燥野菜など、昔からある地域の特色を活かした保存食加工、販売も予定している。 有限会社 静岡屋 代表取締役 金山明弘氏 創業昭和29年、初代金山弘が静岡県より移住し削り節の製造メーカーとして創業。以来、煮干や昆布などの取扱品目を増やし、だし商品のメーカーとして成長。 最近ではだしパック、だし粉末の需要増加から「できるだし」を中心に一般消費者向けの商品開発と海外への販路拡大を模索している。 農地所有適格法人中里ファーム株式会社 代表 中里 貴幸氏 青森県五戸町出身。零細農家の3代目長男として生まれる。受験浪人、就職超氷河期を知る損した1974世代。「年間50億円ものウェブ広告を販売したから分かる!売れるインターネット広告のプロ。」2002年株式会社まぐクリック(現:GMOアドパートナーズ)に入社。営業としても数々の社内賞を受賞。その後アドバイザーに就任した広告代理店をわずか営業マン4名で、激戦エリアヤフー売上実績NO1にまで成長させる。また、クライアント以外からも幅広い人脈と信頼を勝ち取るメール術、仕事術が噂を呼び、NHK教育「めざせ!会社の星」にも出演。「農業を〝勝てる〟産業に成長させたい」思いから、Uターン起業。2015年八戸市に「小さくても強い農業の実現」をミッションに、農業法人中里ファームを1人で設立し代表に就任。現在、ネット戦略を熟知した集客サポートを得意とする一方、圃場現場から直販までを知る希少な若手6次産業化「半農半プランナー」として活動中。 株式会社ひろの屋 代表取締役 … 続きを読む


【終了】移住者交流会in七戸

 青森県は急激な人口減少により少子高齢社会が到来し、歯止めがかかりません。社会的人口減少というこの地域の最重要課題の解決には、多様な人材が楽しく暮らす地域社会を育てていくことが必要であり、そのためには、あおもりに移り住んだ人等が参加できる『ネットワーク』を地域社会の中に複層的につくりあげることが必要だと考えています。  移り住んだ人が上手く地域社会に参加できずに、移り住んだことを後悔したり、移り住もうと考えている人が今までの生活を変えることに対する不安を抱えて一歩踏み出せない、などの事例があります。  『ネットワーク』づくりは、気軽に悩みを相談できる環境をつくること、青森の生きた情報やここにしかない魅力を発信することなどを目的に、地域に住み続けている人と移り住んだ人(人と人)のつながりをつくる場としたいと思います。更には、地域が中心となって移り住む人のサポート体制の構築を図ること、「ここにしかない魅力」の案内役を地域で育てていくことを目的としています。 開催日時 2018年1月13日(土) 13:00~16:00(受付 12:30~) 開催場所 七戸町ふれあいセンター(上北郡七戸町中野16-1) 参加対象 県外から移り住んだ方、移住した方をサポートしてくださる方、移住に興味ある方…等 定員 30名程度 参加費 500円 ※カフェ・レストラン ジュノンのスイーツをご用意します プログラム オープニングトーク 自治体の移住担当者から“地域での取組み”や“ 他県の移住者受け入れ事情”についてご紹介! 後半は“移住前後の自治体からのサポート”“ 地域での暮らし”“ 移住してみての感想”など、実際に移住してきた方々によるぶっちゃけトーク! ゲスト×参加者のグループトーク ゲストも移住してきた方も地元の方も一緒になって、ざっくばらんに地域の魅力や地域の持つ可能性について語り合いましょう! 交流会 ゲストや参加者同士で気軽におしゃべり! ゲスト 河内 啓樹さん  おいらせ町 1983年生まれ、栃木県出身。 大手外食、求人広告会社やIT会社で経験を積んだ後に独立し、飲食会社やWEB会社を経営。2016年5月に移住し、翌年1月に県内にオフィスカナン株式会社を設立。WEBを活用した販促支援やホームページ制作などを中心に活動中。 立崎 祐章さん  七戸町 1981年生まれ、七戸町出身。 東京の大学・専門学校で学んだ後に中国で日本語教師として2年半働く。その後、マカオで取得したガイドの資格を生かし、現地で5年半観光案内業に従事。新規就農を志して2013年12月Uターン帰国し、中国人の妻と両親の4人で暮らしている。 広瀬 有紀さん  三沢市 1989年生まれ、東京都小金井市出身。 早稲田大学で美術を専攻し卒業後は都内の 画廊に勤務。2015年、寺山修司記念館への勤務を機に三沢市へ移住。2017年8月には、三沢市を舞台に幻想市外劇「田園に死す」実施に尽力した。 小川 裕介さん  十和田市 1986年生まれ、東京都町田市出身。 出版業界などを経て2016年、フリーライターとして独立。翌17年に青森県出身の妻とともに都内から十和田市へ移住。 主催 青森県 協力 十和田市、三沢市、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、おいらせ町 お申し込み方法 ●お電話でのお申し込み:017-763-5522 ●FAXでのお申し込み:必要事項を申し込み用紙にご記入いただき、017-763-5523まで送信してください 移住者交流会in七戸 チラシ ●メールでのお申し込み:info@platform-aomori.org ●フォームでのお申し込み 下記フォームに必要事項をご記入いただき送信してください。


【終了】ごしょがわら縁結びサポーターセミナー

独身男女の縁結びをいっしょに応援しませんか? 婚活を応援したい人を対象に、独身男女の縁を引き合わせるためのお役立ち講座です。 開催概要 vol.1 縁結びをサポートするってどうやるの? 2017年12月3日(日) 13:30~16:30(受付 13:00~) サポーターに求められるスキル、心構えについて学びます。 vol.2 結婚を考えてもらうためになにができるだろう? 2017年12月10日(日) 13:30~16:30(受付 13:00~) 若者理解のコツ、五所川原市の支援制度等の情報と提供スキルについて学びます。 交流会 各回ともに、終了後に交流会を開催します。 (会費制500円/希望者のみ) 会場 五所川原市民学習情報センター 視聴覚室(五所川原市一ツ谷503) 対象 ごしょがわら縁結びサポーター、 独身男女の婚活を応援したい方など ご興味ある方はどなたでも参加可能。 定員 各回20名(先着順) 参加費 無料(ただし、交流会参加の場合は 500円) 主催 五所川原市 お問い合わせ・お申し込み お申し込みは、申込用紙に記入しFAXしていただくか、メール・申込フォームまたはお電話にてお申し込みください。 ●電話でのお申し込み TEL:017-763-5522 ●FAXでのお申し込み FAX:017-763-5523 ●E-mailでのお申し込み E-mail:info@platform-aomori.org チラシダウンロード ▶︎ ごしょがわら縁結びサポーターセミナー チラシ


【終了】子育て女性の働き方改革

女性の本音×企業の本音   子育て女性の活躍推進を実現させるためには、勤務形態の多様性・柔軟性など働きやすい労働環境を整備していく事も大切ですが、同時に、育児と仕事をバランスよく両立させ、子育て女性が自分らしくイキイキと活躍する為にもストレスフリーな状態をつくる事が大切です。 第一部では、子育て女性も(働きたい女性、働いている女性)企業の方も(経営者、管理職、リーダー)一緒に学ぶ事が出来る「家庭でも職場でも人間関係を良好にする!ストレスフリーセミナ―」を開催し、 第二部では、女性と企業がより信頼関係が築けるよう、普段聞けない話や本音で語る「リアル座談会」を開催し、女性と企業が知り合い、マッチングの第1歩に繋がる場を提供します。 日 時 平成29年12月8日(金) 13:30~16:30 (受付:13:00~) 開催場所 アピオあおもり(青森市中央3丁目17-1) 定員 30名 【女性20名程度/企業10社程度】 参加対象 女性・・・子育て女性、働きたい女性、働いている女性など 企業・・・女性応援・働き方改革に取り組む企業など 参加費 無料 プログラム 第1部 家庭でも職場でも人間関係を良好に!~ストレスフリーセミナ―~  13:30~15:30 Thema1 自己肯定・他者肯定 人は誰かに認められたいという欲求を持ちながらも、自分のことを自分で認められません。自分のあり方を積極的に評価できるよう、様々な自分を受け入れられる感覚を身につけます。 Thema2 怒りの正体を知り上手に付き合う 大事なものを遮断されたり妨害された時に「怒り」という感情が沸き起こります。「怒り」は自分やまわりの人にマイナスの影響を与えてしまいます。怒りの感情をコントロールする方法を学び人間関係を良好に保ちましょう。 Thema3 ストレスフリーコミュニケーション術 プライベートでも仕事をするうえでもコミュニケーションは必要ですが、しっかりと学ぶ機会は多くありません。思いがけず相手にフラストレーションを与えてしまうことが無いようコミュニケーションの基礎を学びます。 Thema4 ストレスフリー時間術 いつも「時間がない」と思っていませんか?時間をコントロールするということは、人生のなかの出来事をコントロールするということにも繋がります。基本的な管理術を身につけます。 第2部 女性∞企業/リアル座談会 すれ違う気持ち・・・  15:30~16:30 女性目線・企業目線の本音アンケートを公表し、リアルな声に合わせたテーマにて座談会を行います。   ※本セミナーに参加すると「あおもり働き方改革推進企業」認証基準の1つである『「働き方改革」に関する風土づくりに努めていること』を満たすことになります。 講師 眞野 美加 さん  NPOママとシネマ実行委員会 代表 / ママ1000人会議 ファシリテーター 青森市生まれ、仙台市在中。 世界チェーンの飲食業に22年勤務し、人が利益を生む環境を意識したマネジメントを実践、閉店候補店舗から全国2位に押し上げる。 出産とともに「これまでの働き方ができない」葛藤を抱え乗り越えた経験や出会ってきた1000名を超える若者や女性達の声に「多様な人が働く事を喜びにできる社会にしたい」と感じ、現職へ。アンガ―マネジメントやワークライフバランス等を体系的に学び、多くの経営者との出会いから人材の確保・定着に資する事業に従事している。 また個人の市民活動としては、母親による母親の為のイベント団体をはじめ4つの団体の代表を務め、女性視点を取り入れた多様性に配慮したまちづくり等に取り組んでいる。 主催 NPO法人プラットフォームあおもり 共催 経済産業省 東北経済産業局 お問い合わせ・お申し込み お申し込みは、申込用紙に記入しFAXしていただくか、メール・申込フォームまたはお電話にてお申し込みください。 ●電話でのお申し込み TEL:017-763-5522 ●FAXでのお申し込み FAX:017-763-5523 ●E-mailでのお申し込み E-mail:info@platform-aomori.org チラシダウンロード 子育て女性の働き方改革 チラシ


その他のイベントはこちらから

イベント一覧