労使双方が安心してともに働き生きていける社会こそ豊かな社会 

『特定非営利活動法人プラットフォームあおもり』は、現在の日本が、人口減少と超高齢化という未知の世界に向かう大転換期にあって、今までのやり方や考え方は通用しないことが多くなる、と考えます。

大きく地域社会が変貌し、新しい雇用支援の在り方が問われている現在、さまざまな雇用施策の効果を、青森県に住む私たちが最大限に享受するためには、雇用支援関係団体間の有機的な連携・協力と、人的ネットワークの機動的・継続的な活用により、施策間のシナジー効果創出を目指すことが必要だと考えます。

昨今は、雇用支援プログラムや予算は潤沢に用意されているにもかかわらず、使い勝手が悪かったり、周知がうまくいかなかったり、同じような事業がバラバラに企画されるなど、十分な効果が得られない場面に出会うことが多い、と感じるからです。

さらに中小零細企業が多い私たちの青森県の場合、雇用支援は単なる求職者支援にとどまらず、雇用を維持する側の企業に対する経営支援に加え、啓蒙・教育活動も、同時並行的に行う必要があることは言うまでもありません。

個人の生活の安定のためには、働く場があることが不可欠です。地域社会の発展のためにも、雇用の安定は必要です。でも、雇用の安定は、企業だけが頑張れば築けるわけではありません。労使双方が、安心してともに働き生きていける社会こそ、豊かな社会だと思います。

このたび、私たちは以上のような現状認識に立ち、ひとりでも多くの青森県に住む方々が望ましい働き方ができるように、また、1社でも多くの県内企業が安定して雇用を継続しうる経営ができるように、
「継続的な雇用を実現するための企業経営支援」、
「人材を育成し定着させるナレッジの共有」、
そして「働く人の自立を支えるキャリア支援」を一元的・継続的に行うためのプラットフォーム作りを決意しました。

趣旨に賛同してくださる皆さんと、協力して行動していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

労使双方が安心してともに働き生きていける社会こそ豊かな社会

米田大吉(よねた だいきち)
プロフィール

【略歴】

  • ○ 1964年(昭和39年)青森市浅虫温泉生まれ
  • ○ 青森市立浅虫中学校、青森県立青森高校、慶應義塾大学卒
  • ○ ㈱西友で人事制度・能力評価制度・職能別賃金体系等の設計、人事情報のシステム管理などを担当  (1990.4~1995.3)
  • ○ Uターン後、県産品産直卸事業を手掛ける㈲ぜんりんトレーディングスを設立し、取締役社長に就任。首都圏・関西圏の通販業者・各地百貨店などの販路を開拓 (1995.4~)
  • ○ ジョブカフェあおもりで、若者と企業とのネットワーク構築事業を担当 (2006.4~2009.3)
  • ○ 県内大学・高校・中学校などのキャリア教育プログラムを支援 (2007.4~)
  • ○ しんきん拠点研修の専門家として、新商品開発・販路開拓・人材育成・産学連携・企業助成制度活用支援などを担当 (2008.4~2010.3)
  • ○ 青森県地域共同就職支援センター三沢コーナーコーディネーターとして、青森県東半分の就職困難者支援と、その受け皿となる県内全域の企業支援を担当 (2009.4~2012.3)
  • ○ 青森県の働く人と企業を支えるNPO法人「プラットフォームあおもり」を設立し、理事長に就任 (2011.4~)