就労支援という視点でみると、若者でも障害者であっても「就職活動をすること」「企業にとっての人材(戦力)になること」「定着すること」は同じテーマであると感じます。

 私は、障害者の就労支援、生活支援をしています。それぞれの障害の特性により身辺の処理や意志交換、日常生活に支障がある場合があります。こうした場合に、各障害手帳を持っていることで、周囲に理解していただくきっかけとなったりします。しかし、就労の環境が整っているわけでは必ずしもありません。企業は障害者雇用率制度(厚生労働省)の雇用率を満たす雇用はしたいができないでいるかもしれません。企業が必要としている業務と障害者自身がマッチングできていない現状があることは支援者として課題です。

 支援をする中で感じることは、本人の「何かできること」が、はじめは見えてこないのです。私に、「どんな仕事に向いていますか、教えてください」と聞いてきます。
 現在の「求人情報はあるけれど、希望職種・給与面等とマッチングしない」状況と似ている課題なのかもしれません。

 最近では、発達障害者といわれる方も多くなってきています。知的能力には問題がなく、高校・大学等を卒業し就職します。しかし対人関係でトラブルを抱えたり、作業の仕方を説明されても理解出来ないために定着できない、等の理由で辞めてしまうケースもあります。障害者の就労に限ってみても課題は山積しています。

 特定非営利活動法人プラットフォームあおもりは、企業側だけ、求職者だけにバイアスがかかることによって雇用への道が遠のく悪循環を断ち、継続的な雇用につながる支援を企業側、求職者の双方へ展開できる活動ができると考えております。

障害者就労トライアルセンターボイス

管理者
社会福祉士・精神保健福祉士

【URL】http://www.rakuseikai.or.jp/