三陸復興支援 第4回復興祈願試合応援ツアー

2013年1月31日更新


●野球の力で岩手を元気に●

大槌町・山田町の復興を祈願し、青森県三沢高校と、岩手県大槌高校・山田高校の3校が交流試合を行いました。

【1日目】被災地視察
三沢高校野球部が、大槌町役場等を視察。「一般社団法人おらが大槌夢広場」様の協力を得て、被災した様子を見るだけではなく、球児として被災地のために何が出来るかにも気付く事ができました。

【2日目】交流試合
 三沢市から、保護者やOBの応援団も到着し交流試合がスタート。

ひたむきに笑顔で、そして全力な゛野球゛の大槌高校と山田高校。そんな2校に、三沢高校も徐々に自分たちの殻を破りはじめます。

試合終了後。3校の笑顔でグラウンドがあふれました。
三沢高校野球部が色紙とボールを2校に送り、「被災を言い訳にせず、全力で野球をしている姿に力をもらいました。」とお礼の言葉をかけました。

被災地の球児と、それを応援する球児。それぞれが自分たちの野球を全力でやる事で、たくさんの人を元気づけ勇気づける事ができると、3校が感じた今回の試合。

次に会うのは、甲子園の舞台。