三陸復興支援 第7回ボランティアツアー

2013年2月26日更新


◎三陸地域「まごころ百姓隊」ボランティアツアー!第2段

岩手に百姓しに行きませんか!?
三陸地域-復興支援の為に快い汗を流しましょう。

1日目(3/23)
当初の予定が変更になり、NPO遠野まごころネット宮本氏の案内により、大槌町中心部付近の被災地状況を案内していただきました。土台だけとなった駅、体育館だけが残った小学校。あらためて被害の大きさを知りました。

2日目(3/24)
「まごころ百姓隊」ボランティア作業では、前回(12月)カヤの草刈り作業を行った大槌町郊外の耕作放棄地にて、カボチャ作付用の肥料散布作業を行いました。このカボチャは「飯舘雪っ娘(いいたてゆきっこ)」という登録名で、原発事故被災地の福島県飯舘村で開発され、世に出る直前に原発事故が起こり、他の地で栽培出来ないか?との事でNPO遠野まごころネットがその種を引き継いで栽培・販売を予定しているとの事でした。
「まごころ農園」では、「大槌安渡復興米」のお話を聞きました。被災直後、ある家の軒先に3粒の米粒が流れ着きました。付近に田んぼはありません。水も肥料もないのに、いつの間にかその3粒は稲穂を実らせました。この種籾をまごころネットが育て増やしていこうと頑張っているそうです。

詳しくはこちらのチラシを!