【終了】移住者から見た十和田の魅力「十和田市移住フォーラム」

2017年6月5日更新


チラシ:十和田市移住フォーラム

十和田市の移住者、移住者とつながりたい人全員集合!
「こんなまちにしたい」を共有しませんか?

移住者から見た十和田の魅力を共有し、参加者のネットワークづくりを進めるためのフォーラムを開催します。
これからの新しい暮らしを見つけるためのWebメディア編集長から十和田の魅力を聞くほか、移住者の「暮らし」をテーマにしたトークセッション、移住者同士・移住者とみなさんのつながりが生まれる交流会も実施いたします。

興味がある方はぜひ足をお運びください。
また、ご家族やお知り合いの方へもぜひお知らせください。

開催概要

日時 2017年7月9日(日) 午後1時30分〜4時30分
会場 市民交流プラザ トワーレ
十和田市 稲生町18-33
対象 十和田市に移住した方、移住希望者のサポートをしたい方、移住に関心のある方(定員50人)
内容 ウェブメディア「灯台もと暮らし」編集長 伊佐知美氏によるオープニングトーク、移住者によるトークセッション、十和田市の移住の取組み紹介、交流会
参加費 無料(入退場自由)
主催 十和田市
運営事務局 NPO法人プラットフォームあおもり

チラシダウンロード

出演者プロフィール


伊佐 知美(いさ・ともみ) さん
『灯台もと暮らし』編集長・ライター・フォトグラファー

1986年新潟県生まれ。横浜市立大学国際総合科学部卒。三井住友カード、講談社勤務を経て独立。現在は(株)Waseiに所属。これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』編集長・ライター・フォトグラファーとして活動中。日本全国、世界中を旅しながら取材・執筆活動をしている多拠点居住者。連載「伊佐知美の世界一周さんぽ』(昭文社・ことりっぷ)。オンラインサロン「編集女子が“私らしく生きるため“のライティング作戦会議」主宰。著書に『移住女子』(新潮社)。


吉田 進 さん
創作ユニット 字と図 デザイナー

グラフィックデザイナー。1976年生まれ。
多摩美術大学在学中からデザイン会社に勤務し、フリーランスを経て起業。妻の第二子妊娠・出産を機に2013年、十和田市移住。市内唯一の酒蔵「鳩正宗」に2季間勤務しながら、夫婦で創作ユニット「字と図」としてデザインを軸にイベントプロデュースなどにも活動の幅を広げる。創作ユニット 字と図の「図」を担当している。


玉川 えみ那 さん
NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会 事務局・ガイド

1985年生まれ。十和田市出身。大学進学と同時に上京するが、故郷の自然の素晴らしさを再認識し、「この良さを伝えたい!」という想いで2012年に帰郷。現在はNPO法人奥入瀬自然観光資源研究会(通称・おいけん)に所属し、『コケ』などの小さな自然を通して、奥入瀬本来の価値・魅力や、新たな奥入瀬の楽しみ方を発信している。


アレックス・ピーター・クイーン さん
株式会社Queen&Co. 取締役

青年期に青森県内でホームステイし、方言が話せるほど日本語が堪能な日英バイリンガル。市街地の商店街に事務所を設立。地域の人々の交流の場になってほしいという想いのもと、事務所の一部をオープンスペースとして開放し「14-54」をオープン。また、十和田市現代美術館主催の外国人旅行客の視点を捉えた観光ボランティアセミナーなどの講師も務める。

申し込み方法

当フォーラムに参加を希望される方は下記の申込書に必要事項をご記入いただきFAXにてお送りいただくか、電話・Emailおよび専用フォームよりお申し込みください。

●お電話でのお申し込み:017-763-5522
●FAXでのお申し込み:必要事項を申し込み用紙にご記入いただき、017-763-5523まで送信してください

●メールでのお申し込み:info@platform-aomori.org
●フォームでのお申し込み
下記フォームに必要事項をご記入いただき送信してください。

お申し込みフォーム

お名前(必須)
ふりがな(必須)
住所(必須) -
性別(必須)  男性 女性
年齢(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
出身地[市区町村] (必須)

備考