ハッピーファーム南部曲屋プロジェクト コンセプトミーティング

2018年11月10日更新



 
七戸町は平安時代から名馬の産地として知られ、明治以降は軍馬の生産地として栄え、そして昭和には日本ダービーの優勝馬を輩出するなど、馬との関わりがとても深い町です。
この度、NAMIKIの近くにある茅葺屋根の建物「南部曲屋」を改装し、七戸町の観光交流の中核拠点にする「ハッピーファーム南部曲屋プロジェクト」が始動することになりました。
 
地域に愛される施設にするため、みなさんの想いや意見を是非お聞かせください。
 

開催概要

日時 2018年12月19日(水)・20日(木) 10:00~16:00
入退場自由です。都合の良い時間にお越し下さい。
会場 手作りジェラート店 NAMIKI(七戸町字立野頭69)
参加費 無料 (申込不要)
交流会 1日目のミーティング終了後、交流会を開催します。(希望者のみ。要申込)
時間/12月19日(水) 18:00~21:00
会場/ビストロらあく (七戸町字影津内34-10)
会費/3,000円

主催 七戸町「南部の馬文化」活用協議会
運営事務局 NPO法人プラットフォームあおもり
Tel. 017-763-5522
Mail. info@platform-aomori.org

南部曲屋育成厩舎 (なんぶまがりや いくせいきゅうしゃ)


明治45年、良馬の産地として知られる七戸町に建築された現存する最古の厩舎。2000年に国の登録有形文化財に指定され、3年にわたる修復を終え、2013年に公開される。
曲屋とは、人馬が共に暮らしていた、青森県南部や旧南部藩地域独特の建築様式。豪壮な茅葺屋根が、近代の牧場景観を伝えるものとして親しまれている。

コーディネーター 玉樹 真一郎

1977年生まれ。東京工業大学・北陸先端科学技術大学院大学卒。プログラマーとして任天堂に就職後、プランナーに転身。全世界で1億台を売り上げた「Wii」の企画担当として、最も初期のコンセプトワークから、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワークサービスの企画・開発すべてに横断的に関わり「Wiiのエバンジェリスト(伝道師)」「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれる。
2010年任天堂を退社。青森県八戸市にUターンして独立・起業、「わかる事務所」を設立。コンサルティング、ウェブサービスやアプリケーションの開発、講演やセミナー等を行いながら、人材育成・地域活性化にも取り組む。
2011年5月より特定非営利活動法人プラットフォームあおもり理事。2014年4月より八戸学院大学・ビジネス学部特任教授。2016年4月より八戸学院大学・学長補佐/ビジネス学部特任教授。著書に『コンセプトのつくりかた』(ダイヤモンド社)。
※「わかる事務所」とは、玉樹真一郎の個人事業主としての屋号です。
 
委嘱
2015〜2017:八戸ポータルミュージアムアドバイザリーボード委員
2016〜:青森県立三沢商業高等学校 学校評議員
2016〜:三沢市まちづくりアドバイザー
2017〜:三沢市総合計画評議委員 副会長