「あおもり回帰1000人会議」開催趣旨

私たち「あおもり回帰1000人会議」は、青森県へのUIJターンを「あおもり回帰」と位置づけています。
青森県の場合、「あおもり回帰」が進まない背景には、もちろん望ましい雇用の場が少ないという現状がありますが、それ以上に、首都圏等での生活を大きく変えなくてはならないのではという不安や所謂「落ち武者意識」に対応できていないことも、大きな要因であると考えます。あおもりに回帰するまでは存在していたはずの支援窓口が、回帰してしまうと使えなくなるという現状もあって、せっかくの人材が首都圏に戻ってしまう事例や、思い通りに就職や社会参加ができずに、「あおもり回帰」を後悔する事例も散見されています。
私たちは、様々な事業を企画運営するだけでなく、地域企業と回帰人材とのマッチングや、新ビジネス展開のプラットフォームとしても活用できる、いわば「あおもり回帰人材の地域社会定着支援」のために活動する組織を目指していきます。
それは、あおもり回帰経験人材等が参加できる『緩やかなネットワーク』を地域社会の中に複層的につくりあげることが、多様な人材が活躍できる地域社会づくりに必要だ、という考えがベースになっています。
今までの活動の中で、あおもり回帰希望者から見て一見「入りにくい地域」の方が魅力的である場合があること、そして、たとえ当初は「入りにくい地域」であったとしても、案内役の存在があれば、その「入りにくさ」が、逆にあおもり回帰希望者にとって『他の地域では得難い魅力』に変わっていくこと、そしてその『得がたい魅力』の案内役を育てていくことも必要だ、などの意見が出されています。
そこで今回は、参加者同士が情報や課題感や希望を共有できる時間にしたいと思います。
私たちのホンキの想いこそが、これからのあおもりを創っていくと信じています。

「あおもり回帰1000人会議」の取り組み

  1. 「自分の力であおもりを変えていこう、新しい地域を創っていこうという人材に回帰してもらい、こういう社会を創っていきたい」という想いをカタチにする活動をしていくこと
  2. 「これからあおもり回帰を検討している人材」に対して、青森の生きた情報(仕事だけでなく地域社会の現状や教育環境、生活関連イベントの情報など)を発信すること
  3. 「あおもりに回帰した人材」に対して、地域社会でのネットワーク形成を支援し、気軽に悩みを相談できる環境をつくること の3つを目的としています。

今後の開催スケジュール

現在次回開催について企画中です。
開催内容が決まり次第ご案内いたします。

あおもり回帰1000人会議関連記事

  • 【参加者の声】あおもり回帰1000人会議 -ギャザリング2016-

    あおもり回帰1000人会議 -ギャザリング2016- 開催日 2016年9月11日(日) 会場 新町キューブ パネラー 先輩移住者が伝える『他の地域では得難い魅力』 テーマ ・千葉から弘前にやってきたIターン女子   吉田 涼香 氏 ・三沢で暮らす青森Lovers  木滝 奈央 氏 ・帰って来たくなかったUターン   珍田 浩治 氏 参加者の声 Uターンして20年ですが、事情によっては必要なサポートが違う時代になったと思いました。パネラーの話はそれぞれ個性的でおもしろかったです。 青森での生き方を聞けたのが良かった。「青森にしかない魅力」の掘り下げがもう少し欲しかった。 三者三様の話が聞けて良かった。自分の人生について改めて考えたいと思った。 移住者の話は身近な内容で興味深かった。出会えたことだけでも意味があると思う。

  • 【終了】あおもり回帰1000人会議 in 青森【2017年3月4日】

    概 要  私たち「あおもり回帰1000人会議」は、青森県へのUIJターンを「あおもり回帰」と位置づけています。  青森県の場合、「あおもり回帰」が進まない背景には、もちろん望ましい雇用の場が少ないという現状がありますが、それ以上に、首都圏等での生活を大きく変えなくてはならないのではという不安や所謂「落ち武者意識」に対応できていないことも、大きな要因であると考えます。あおもりに回帰するまでは存在していたはずの支援窓口が、回帰してしまうと使えなくなるという現状もあって、せっかくの人材が首都圏に戻ってしまう事例や、思い通りに就 職や社会参加ができずに、「あおもり回帰」を後悔する事例も散見されています。  私たちは、様々な事業を企画運営するだけでなく、地域企業と回帰人材とのマッチングや、新ビジネス展開のプラットフォームとしても活用できる、いわば「あおもり回帰人材の地域社会定着支援」のために活動する組織を目指していきます。  それは、あおもり回帰経験人材等が参加できる『緩やかなネットワーク』を地域社会の中に複層的につくりあげることが、多様な人材が活躍できる地域社会づくりに必要だ、という考えがベースになっています。  今までの活動の中で、あおもり回帰希望者から見て一見「入りにくい地域」の方が魅力的である場合があること、そして、たとえ当初は「入りにくい地域」であったとしても、案内役の存在があれば、その「入りにくさ」が、逆にあおもり回帰希望者にとって『他の地域では得難い魅力』に変わっていくこと、そしてその『得がたい魅力』の案内役を育てていくことも必要だ、などの意見が出されています。  そこで今回は、参加者同士が情報や課題感や希望を共有できる時間にしたいと思います。  私たちのホンキの想いこそが、これからのあおもりを創っていくと信じています。 日時 平成29年3月4日(土) 14:00 ~ 16:30 会場 新町キューブ1階グランパレ(青森市新町2-6-25) 内 容 ・移住経験者の取り組み紹介 ・クロストーク 参加対象 ・ 県外での生活経験がある方 ・ あおもりへの移住経験者 ・ あおもり回帰をサポートしてくださる方々 …等を対象としておりますがご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。 定員 ・ 先着50名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。 参加費 ・ 無料 [ 会費制懇親会にご参加される場合 4,000円 ] ゲスト・コーディネーター紹介 中鉢 徹 氏 神奈川県横浜市出身 陶芸家 駒井 亜由美 氏 千葉県千葉市出身 青森テレビ 報道制作局 制作部 田村 暁 氏 埼玉県さいたま市出身 温泉民宿南部屋 木暮 祐一 氏 東京都新宿区出身 青森公立大学 経営経済学部地域みらい学科 准教授 コーディネーター:玉樹 真一郎 あおもり回帰1000人会議 代表 主催 あおもり回帰1000人会議/青森県

  • 【終了】あおもり回帰1000人会議 in 弘前

    概 要 私達は、青森県に移り住むことを「あおもり回帰」と位置付けています。 青森県は急激な人口減少により少子高齢社会が到来し、歯止めがかかりません。社会的人口減少というこの地域の最重要課題の解決には、多様な人材が楽しく暮らす地域社会を育てていくことが必要であり、そのためには、あおもり回帰経験人材等が参加できる『緩やかなネットワーク』を地域社会の中に複層的につくりあげることが必要だと考えています。 今までの活動の中で、あおもり回帰希望者から見て一見「入りにくい地域」の方が魅力的である場合があること、そして、たとえ当初は「入りにくい地域」であったとしても、案内役の存在があれば、その「入りにくさ」が、逆にあおもり回帰希望者にとって『他の地域では得難い魅力』に変わっていくこと、そしてその『得がたい魅力』の案内役を育てていくことも必要だ、などの意見が出されています。 そこで今回は、多くの地域資源を抱える弘前・中南地域を会場に、この地域が持つ可能性や課題感・希望を共有できる時間にしたいと思います。 日 時 平成29年1月22日(日) 14:00 ~ 16:30 ※終了後に会費制懇親会を開催 会 場 アートホテル弘前シティ3階オパール・ダイヤモンド(弘前市大町1-1-2) 内 容 ・ゲストから取り組みの紹介 ・ゲストと会場を巻き込んだクロストーク 参加対象 ・県外での生活経験がある方 ・あおもりへの移住経験者 ・あおもり回帰をサポートしてくださる方々 など 定 員 50名 参加費 無料 ※会議終了後に会費制懇親会あり。 (アルコール付:会費4,000円) ゲスト・コーディネーター紹介 高橋 哲史 氏 弘前シードル工房kimori 代表 斎藤 美佳子 氏 さいとうサポート 代表 岡 詩子 氏 リネン手縫い作家 つるた街プロジェクト 代表 ファッションコンサルタント 井上 信平 氏 カフェデュボワ オーナー デザイナー コーディネーター:玉樹 真一郎 氏 わかる事務所 代表 主催 あおもり回帰1000人会議/青森県

  • 【終了】あおもり回帰1000人会議 -ギャザリング2016-

     私たち「あおもり回帰1000人会議」は、青森県へのUIJターンを「あおもり回帰」と位置づけています。青森県の場合、「あおもり回帰」が進まない背景には、もちろん望ましい雇用の場が少ないという現状がありますが、それ以上に、首都圏等での生活を大きく変えなくてはならないのではという不安や所謂「落ち武者意識」に対応できていないことも、大きな要因であると考えます。  そこで今回は、2016年度以降の活動方針や、今後の開催日程の確認などを事務局提案しながら、参加者と情報や課題感や希望を共有できる時間にしたいと思います。 開催概要 開催日時 2016年9月11日(日)13:30~16:30 ※終了後に懇親会 開催場所 新町キューブ3階会議室 【青森市新町2丁目6番25号】 参加対象者 ・ 青森へ移住された方 ・ 県外で生活経験がある方(進学、転勤等も含みます) ・ 移住された方をサポートしてくださる全ての方…等 ※定員50名 主催 あおもり回帰1000人会議/青森県 参加費 無料 タイムテーブル 13:30~13:50 年次総会・2016年度活動方針案 NPO法人プラットフォームあおもり 理事長 米田 大吉 13:50~14:40 先輩移住者が伝える『他の地域では得難い魅力』 【パネラー】 ・千葉から弘前にやってきたIターン女子   吉田 涼香 氏 ・三沢で暮らす青森Lovers  木滝 奈央 氏 ・帰って来たくなかったUターン   珍田 浩治 氏 14:40~16:15 参加者みんなでクロストーク 【コーディネーター】  あおもり回帰1000人会議    代表 玉樹 真一郎 16:15~16:30 名刺交換会 17:00~19:00 懇親会 ※任意参加/参加費4,000円

  • 【終了】あおもり回帰1000人会議2016in八戸

     現在、青森県は急激な人口減少により少子高齢社会が到来し、その歯止めがかかりません。NPO法人プラットフォームあおもりでは、社会的人口減少というこの地域の最重要課題のひとつの解決策として、「あおもり回帰1000人会議」を昨年度から組織化し展開してまいりました。  この事業は、UIJターン経験人材等が参加できる緩やかなネットワークを地域社会の中に複層的につくりあげていくことが、多様な人材が活躍できる社会づくりに必要だという考えがベースになっています。  今回は、それぞれの立場で地域課題に取り組む3人をパネリストに迎え、課題感や希望を共有できる時間にしたいと思います。 開催概要 開催日時 2016年7月23日(土)16:30~18:30 ※終了後に懇親会 開催場所 八戸ニューポート 【八戸市大字十三日町15 フラワーエイトビル3階】 参加対象者 ・趣旨に賛同してくださる地域の方や自治体関係者 ・あおもり回帰人材を応援したい企業 ・あおもり回帰経験者・・・等 30名程度 主催 あおもり回帰1000人会議/青森県 参加費 無料 プログラム 16:30~18:00 パネルディスカッション 【パネリスト】 ・八戸市 総合政策部 政策推進課 大久保 広子氏 ・田子町地域おこし協力隊 隊員 川名 美夏氏 ・青森県新郷村 総務課 松原 健夫氏 【モデレーター】 ・あおもり回帰1000人会議 代表 玉樹 真一郎 18:00~18:30 名刺交換会 18:30~20:00 会費制懇親会 ※参加費3,000円

  • 【終了】あおもり回帰1000人会議2015ギャザリング

    「自分の力であおもりを変えていこうという人材」と一緒に、「1000人が回帰したとき、こういう社会を創っていきたい」という像を描き、提言していきます。 ~「あおもり回帰1000人会議」開催趣旨~ 私たち「あおもり回帰1000人会議」は、青森県へのUIJターンを「あおもり回帰」と位置づけています。 「これからあおもりで暮らすことを検討している人材」に対して 青森の生きた情報(仕事のみならず地域社会の現状や教育環境、生活関連イベントの情報など)を発信します。 「あおもりに来て、暮らし始めている人材」に対して 地域社会でのネットワーク形成を支援し、気軽に悩みを相談することができる場をつくり、様々な事業を企画運営するだけでなく、地域企業と回帰人材とのマッチングや、新ビジネス展開のプラットフォームとしても活用できる、いわば「あおもり回帰人材の地域社会定着支援」のための組織になります。   青森県の場合、「あおもり回帰」が進まない背景には、もちろん望ましい雇用の場が少ないという現状がありますが、それ以上に、首都圏等での生活を大きく変えなくてはならないのではという不安や所謂「落ち武者意識」に対応できていないことも、大きな要因であると考えます。あおもりに回帰するまでは存在していたはずの支援窓口が、回帰してしまうと使えなくなるという現状もあって、せっかくの人材が首都圏に戻ってしまう事例や、思い通りに就職や社会参加ができずに、「あおもり回帰」を後悔する事例も散見されています。 私たちは、様々な事業を企画運営するだけでなく、地域企業と回帰人材とのマッチングや、新ビジネス展開のプラットフォームとしても活用できる、いわば「あおもり回帰人材の地域社会定着支援」のために活動する組織を目指していきます。 そして、私たち「あおもり回帰1000人会議」は、まずなにより、「自分の力であおもりを変えていこう、新しい地域を創っていこうという人材をあおもりに1000人回帰させ、こういう社会を創っていきたい」という想いを、発信し提言していきたい、と考えています。 そのホンキの想いこそが、これからのあおもりを創っていく、と私たちは信じています。   ***** 日時・タイムテーブル ***** 2015年9月27日(日) 15:00~17:00 ねぶたの家 ワ・ラッセ  イベントホール 青森市安方1-1-1 〇趣旨説明 NPO法人プラットフォームあおもり 理事長  米田大吉 〇事務局提案とトークセッション ①緩やかなネットワークをつくろう ②UIJターン人材応援団としての役割について ③提言できる集団をめざして ④活動方針・行動計画 ⑤規約・組織化・代表者選定 〇懇親会(会費3,500円) ※17:30より懇親会を行います。任意参加となっております。     ========== 参加対象 ========== ・趣旨に賛同してくださる地域の方や自治体関係者 ・あおもり回帰人材を応援したい企業 ・あおもり回帰経験者                     ・・・・・・・・等 ========== お申し込み方法 ========== 〇お電話 017-763-5522 〇FAX 017-763-5523 〇インターネット 下記のURLからお申し込みできます。 https://www.kokuchpro.com/event/1000ninkaigi_0927/entry/

  • 【終了】あおもり回帰1000人会議 【キックオフフォーラム】

    「あおもり回帰1000人会議」は、U I Jターンを「あおもり回帰」と位置付け、「これからあおもり回帰を検討している人材」に対して、青森の生きた情報(地域社会の現状や教育環境、生活関連イベントの情報など)の発信、地域社会でのネットワーク形成を支援し、気軽に悩みを相談できる場をつくります。 「あおもり回帰」が進まない背景には、望ましい雇用の場が少ないという現状だけでなく、首都圏等での生活を大きく変えることへの不安に対応できていないことも大きな要因であると考えます。 私たちは「あおもり回帰1000人会議」を、企業や出身校の枠を超えて地域社会で回帰人材を支える組織として準備し、本人だけでなく、その家族などの関係者の心理的なハードルも下げることで、「あおもり回帰を促進・継続・後押し」したいと考えています。   開催日時 2015年7月18日(土)  15:00~17:30 開催場所 新町キューブ グランパレ (青森市新町2-6-25) 参加対象者 趣旨に賛同してくださる地域の方・自治体関係者の方 あおもり回帰人材を応援したい企業の方 あおもり回帰経験者の方  など、どなたでも参加できます 定員 50名 プログラム 司会:境 香織 15:00~15:10 あおもり回帰1000人会議について NPO法人プラットフォームあおもり 理事長 米田大吉 15:10~16:40 パネルディスカッション テーマ【あおもり回帰の課題をみんなで考えよう】  ファシリテーター わかる事務所 代表・八戸学院大学 特任教授 玉樹真一郎 パ ネ リ ス ト ・弘前大学COC推進室 助教 野口拓郎 ・NPO法人青森なんぶの達者村 事務局長 根市大樹 ・株式会社コンシス 代表取締役 大浦雅勝 ・佐井村地域おこし協力隊 園山和徳 ・青森県企画政策部 主幹 小笠原富美法  他、全国の先進地からSkype参加の予定 16:45~17:15 事務局報告 17:30~19:00 懇親会※懇親会は会費制(3,000円)です。 後援 青森県 申し込み方法 専用フォームにてお申し込み お申し込みフォーム FAX・お電話・メールでのお申し込み TEL:017-763-5522 FAX:017-763-5523 E-mail:info@platform-aomori.org あおもり回帰1000人会議【キックオフフォーラム】 申込用紙 次回開催予定 【あおもり回帰1000人会議 ギャザリング2015】 開催日時:2015年9月27日(日) 13:30~19:00 開催場所:青森県社会教育センター          

「あおもり回帰1000人会議」キックオフフォーラム時の模様