• 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信

株式会社アップルランド南田温泉

http://www.apple-land.co.jp/

私たちは一期一会の気持ちでお客様をお迎えし、最上のサービスを提供することで、訪れるすべてのお客様に感動と幸せを提供します。
私たちは限りある地域資源を効率的かつ有効的に利用し、地域と共生して豊かな社会づくりに貢献します。
私たちはたくさんの人々との出逢いに感謝し、大きな夢に向かって成長し続けることで、人間性の向上に努めます。

経営者インタビュー

うちの会社のここがすごい!

当館では、通年通して宿泊のお客さまに、糖度13度以上の生果の丸ごとりんごをウェルカムフルーツとして、客室の冷蔵庫に入れてお出迎えしています。葉っぱがついた可愛らしいりんごは、特に県外のお客様に大変喜ばれております。りんごを使った数々の料理、りんご天ぷらやりんごピザもまたご好評頂いております。
更に、当館のりんご風呂やりんごの足湯は、姉妹会社であります(株)マルジンサンアップルの勘八りんごをふんだんに浮かべており、美人の湯として国内だけではなく、最近では台湾でも知名度を上げております。
また当館は、新入社員向けの3ヶ月研修プログラムの中に、実際にお客様になって当ホテルに宿泊するというユニークな研修を行っております。お客様の気持ちになってホテルの仕事を見る事によって気づきが沢山生まれ、なぜこの作業が必要なのかと納得感を得る事もでき、仕事の吸収力も断然早くなるというメリットがあります。また、他にはない取り組みとして、お子様向けのサービス「ハイタッチ大作戦」を行っております。館内で出会ったスタッフとハイタッチして16マスのカードを全て埋めると景品が貰えるサービスですがスタッフ自ら必然的に挨拶をしますので、お客様とのコミュニケーションが自然と取れ、お客様からのアンケートにも「スタッフ皆さんが挨拶してくれて、館内の雰囲気が凄く良い」とお褒めの言葉を頂いております。

私が大切にしていること

社員とのコミュニケーションを大切にしています。出社して「おはよう!」と声かけをし、お仕事以外のたわいもない会話をして、声のトーンや顔色などから、その日の社員の体調を確認し気にかけるようにしています。やはりまずは、社員の皆さんに幸せになってもらわないと、周りの人やお客様を幸せにすることはできないので、朝の仕事始めに、社員皆さんに気持ち良い1日を過ごしてもらうような環境づくりを心掛けています。そして、ご来館頂いた全てのお客様に、当館で過ごして幸せになってお帰り頂く事が、私の幸せに繋がるのだと感じております。
また、この会社は何の為に存在しているのか?経営理念はありますが、社員にきちんと理解して頂く為に、日頃から分かり易い言葉で、経営者としてのビジョンや想いをきちんと伝え、ここに努めて良かったと思ってもらえよう、経営者としての行動を大切にしています。

やりがいに感じていること

ご宿泊のお客様が、大変疲れたお顔でバスから降りてチェックインされました。ところが、ご宴会されてご一泊されて翌朝お見送りするときに、まるで別人のような笑顔で「良かったよ!また来るよ!」と喜んで頂いた時、この仕事のやりがいを感じました。また、県内・県外問わず、お客様からのアンケートに「こんな素晴らしいホテルがあったとは知らなかった。家族やお友達に宣伝します!」と書いてあったり、「スタッフの笑顔や接客が素晴らしかったです。」と書いてあるのを拝見すると、この仕事の醍醐味を感じます。
また、年々海外からのお客様が増えてきており、2016年度では4,000人、今年度2017年度では10,000人を超える見込みです。インバウンドの受け皿として、多少なりとも地域に貢献し経済効果を生み出していると思うと、更なるモチベーションアップにも繋がりますし、やりがいを感じます。

こっそり教えて!自身の失敗談

かなり昔の話ですが、レストランが忙しくてお手伝いをした時の事です。お客様にコーヒーをお出しする際に、今はスティックタイプのお砂糖ですが、昔は瓶に入ったお砂糖をお出ししておりました。スタッフ皆さん忙しくてバタバタしていたので、空になった瓶に、気を利かせてお砂糖を補充してから出したところ、お客様がコーヒーを口にした瞬間「しょっぱい」と一言。。。私、間違ってお塩を補充してしまったんです!!!これは、一生忘れない失敗談です。。。(汗)

将来目指す姿

このご時世、個性がないと生き残れないと思っております。同業他社が倒産されていく中、当社が存続できているのは、りんごを使った個性を打ち出してるからだと思っております。元々はりんごの問屋だったのですが、先代(父)が敷地内をボーリングし温泉を掘りあてて、父が55歳の時にホテルの経営を始め、りんごから生まれたのがこのアップルランドです。りんごと温泉が繋がったのは父のお陰です。これからも青森のりんごのお宿として、りんごと共に生きていき、お客様にとって必要な存在であり続けたいです。
また、今後10年20年30年後を見据えた時に、これから益々少子高齢化が進むことは確実です。この地域が元気でいる為には、国内外からお客様に来て頂き、お金を落として頂き、当社としても雇用を生み出し続け、継続してこの地域に貢献できるような存在でありたいです。

社員インタビュー

うちの会社のここがすごい!

りんご風呂は、毎日りんごを2箱~3箱入れ替えをして、りんごを浮かべておりますので、目でも楽しめますし、美肌効果・リラックス効果も期待でき、宿泊のお客さまだけではなく、日帰りのお客様も楽しめる大人気の温泉です。
働いている社員については、年代が幅広く18歳~60過ぎのスタッフがおりますが、皆さんフレンドリーな関係性で、お互い意見を言い合える風通しの良い環境です。例えば、以前は長期滞在のお客様のお部屋には必ず毎日清掃に入っていたのですが、お客様の中にはお部屋でお休みの方もいらっしゃったりと、お部屋に入って欲しくない場合もあるとの事で、社員同士で意見を出し合い、フロントでのチェックインの際に、掃除の有無、布団の上げ下げなど要望を詳しく聞き、清掃スタッフと共有できるように改善しました。

この会社を選んだ理由

元々ホテル業界で働きたいという想いがあり、専門学校のホテル学科で学んだ後に、関東の方で就職し働いていました。その後Uターンをきっかけに、この地域に住んでいる人であれば誰でも知っているアップルランドで働きたいと思い応募しました。前職では、レストランサービスがメインでしたが、現在はフロント業務に携わっておりますので、前職の経験を活かしながら、レストランとフロントの連携や情報共有を意識して日々の業務をこなしています。

やりがいに感じていること

宿泊のお客様より「さくらんぼ狩りに行きたい。」というお話しを頂き、時期が難しかったのですが、社内に詳しい社員がいたので相談し、近場で行きやすい場所を提案しました。「凄く良い場所を薦めてくれてありがとう。」と感謝のお言葉を頂戴し、その翌年にリピーターとしてお越し頂きました。
また、耳の不自由なお客様をお迎えした際に、滞在中全てのやり取りを筆談でさせて頂き、チェックアウト時も筆談で感謝のお言葉をお伝えしました。その後、お客様から長文の御礼FAXが届き、また翌年にお越し頂きました。満足して頂くとリピーターとしてまたお越し頂けると実感した出来事でした。

大変なこと・失敗談

ここ数年、インバウンドのお客様が増えてきておりますが、当館では英語を話せるスタッフが1、2名程度です。チェックインなどの簡単な対応は可能ですが、それ以降のサービスとなると、翻訳の機能を使用しながら対応しているので、時間がかかってしまいます。以前、お客様が足を滑らせてケガをしてしまった時に、言葉が通じなくて困りました。緊急事態に、どのような対応が出来るか、今後対策を考えていかなくてはいけないと痛感しました。

職場の雰囲気

現場の声がきちんと経営者に届く仕組みが、とても働きやすい職場の雰囲気を作っていると思います。フロント全般を任せて頂いているので、効率よく仕事をする為に改善策を提案するとそれをきちんと取り入れてくれます。また宴会スタッフの話ですが、社員みんなでお酒のメニューを考えて提案した「りんご生ビール」が採用され、実際にお客様に提供されました。女性の方に大変人気で、売り上げも上がり、社員の声が反映され利益に繋がっていると感じた瞬間でした。

将来のビジョン・目標

今後の目標は、英語が話せるようになりたいです。今は、日々お客様と接している中で単語を覚えている状態ですので、流暢な英語を話せなくても単語を繋げて話せるように、英語の勉強をしたいと思います。
また、外部のセミナ―などにも積極的に参加していきたいと思います。数年前におもてなし検定の初級・中級を取得し、その資格を活かしてお客様に接しています。社員のみんなにも推奨していき、社員全体がチャレンジ精神旺盛な人材でありたいと思います。

こんな人と一緒に働きたい!

代表取締役社長 葛西 綾子

全てにおいてポジティブな方。人を上から目線で見るのではなく、どんな人にも平等に接し、他人の想いを感じ取ってくれる方。自分を磨きたい方。
ホテルの仕事は、一期一会のお客様の為に、ご飯を作ってお風呂の準備をしてお布団を敷いて・・・当たり前にお母さんが日々日常でやっている事と同じで、一見地味な仕事の繰り返しですが、生きていく上では必ず覚えてやっていく、とても大切な仕事です。社員が親になったときに、当たり前にできるように育てていきたいですし、自ら人生設計をしていけるような子に育てていきたいです。最初から完璧な子と働きたい訳ではなく、当社で人間力を磨いて頂ければと思っております。

うちの会社の取り組み自慢

予約課 フロント主任 木村 麻実

お部屋に置いてあるウェルカムレターですが、お客様の母国語でおもてなしの言葉を表現しています。また、日本の温泉のマナーが海外のお客様に伝わりきれていないので、絵の上手な事務の方とフロントとで連携して4か国語表示で作成したり、館内にはワイファイを全て通したりと、海外のお客様が来館しやすいように、グローバル化を目指して積極的に取り組んでいます。

企業情報

株式会社アップルランド南田温泉旅館ホテル業

所在地1(本社) 〒036-0114 青森県平川市町居南田166-3
資本金 3,800万円
従業員数 社員55名 パート45名
平均年齢 40歳
設立 1972年4月
売上高 7億5,000万円
事業内容 宿泊・日帰り・ウエディング・仕出し法要・売店

保険

健康保険あり厚生年金あり雇用保険あり労災保険あり

福利厚生

財形貯蓄制度・健康診断

休日・休暇

月7日

年次有給休暇・産前産後休暇・介護休暇

雇用状況

年度 採用人数 離職人数
26年度 4人 1人
27年度 3人 1人
28年度 10人 2人