• 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信

紅屋商事株式会社

http://www.beny.co.jp

お客様が求める「豊かさ」を実現するために、地域の皆様の生活に根ざした高品質な好商品を当社ならではのサービスで提供し、お客様にご満足いただける「魅力」を作ってまいります。「ちょっとした贅沢」「たくさん買える喜び」「ワクワクする楽しい体験」そんな場を商品やイベント、サービスを通じて提供することに取組んでおります。

管理職者インタビュー

うちの会社のここがすごい!

誰でもチャレンジできるところです。例えば、部門ごとに「ナンバー1チャレンジ」という取組があり、特定の商品で売上日本一を目指すものです。部門ごとに切磋琢磨することにより、考える力やお客様に提案できるスキルが身につきます。また、当社では決まったキャリアステップを設けておりませんので、意志を持って頑張れば店長になれるチャンスもあります。従業員それぞれが求めるキャリアアップを目指せること、チームワークで常にチャレンジできること、これは他社にはない魅力的な部分だと思います。チャレンジには失敗がつきものですが、当社は失敗しないで何もしないより、失敗から得たものを次に活かすことを大事にしております。商品については、利益重視より味と品質にとことんこだわることも大事にしているところです。

私が大切にしていること

会社としては、お客様のニーズを考え常にその半歩前を進み、お客様に様々な提案することが役割だと思っております。人事担当者としては、何よりも働きやすい職場をつくることを大切に考えています。そのための採用、福利厚生、教育、さらには従業員が意見を言える環境や仕組みづくりなど、透明な人事でなければいけないと思っております。従業員にはやりがいを持って働いてほしいので、そのための仕組づくりや教育については更に考えていきたいと思います。

やりがいに感じていること

採用担当をして7年になりますが、自分が採用した方が活躍している姿を見るとやはり嬉しいですし、やりがいを感じます。さらにそんな人を見て目標にする従業員が増えるといいなと思います。また、予定の集団面接に参加できないけど、どうしても面接を受けたいという意欲的な学生の個別対応したことで、採用になり大変活躍していることもあり、柔軟な採用活動の必要性について考えるきっかけとなった事もあります。人事担当として様々な人との出会いはやりがいと喜びにつながります。

こっそり教えて!自身の失敗談

入社して1年目は失敗しかしてないのでは、と思うくらい沢山の失敗がありました。
その中でも、ヨーグルトが入ったケース10段を持ち上げてそのまま後ろの精肉の作業場に倒れ撒き散らしたことがありました。勿論ものすごく叱られましたし、ヨーグルトを片付けるのに30分もかかりました。商品を見ると今でも思い出します。発注ミスで大量に仕入れてしまい売り切るのに大変苦労したこともありました。現在業務内容は違いますが、これらの様々な失敗は今の業務に活かされております。

将来目指す姿

会社としては、中期目標が売上500億を超えることで、いずれ1000億を目指しております。これは、売上や規模だけではなく、お客様の信頼を得た上でないといけないと思っております。個人の目標としてはもっと会社に必要とされる人になりたいですね。人事を担当して、各部署の大変さを知ることができましたし所属する部署にはこだわりは持っていないのですが、欠かせない人になりたいです。人事担当者としての目標としては、会社の制度や育成の仕組づくりの基本を作ることです。今はまだ作成途中ですので、それを次の世代に残して次のステップに進みたいです。

社員インタビュー

うちの会社のここがすごい!

「現場の売り場作り」が、各部門それぞれのチーフに任せられている事でしょうか。同業他社さんでは、本部主体でバイヤーが売り込みたい商品を現場に伝え、売り場の構成等もバイヤーの指示によって決まるそうですが、当社は、各チーフ(私の場合は日配チーフですので日配の売場)が売り込みたい商品を決め、商品の見せ方やPOPなどチーフの裁量によって自由にコーディネートする事が出来ます。売り上げに直結する事なので、責任重大ではありますが、やりがいにも繋がります。また、会社の方針でもあるのですが、年功序列は全くなく、頑張っている人をちゃんと評価してくれ、社員皆が平等に昇進のチャンスがある事です。数字の結果ももちろん大切ですが、ヤル気・意欲を評価してくれます。私自身、当社に入社してから、成長意欲が芽生えてきました。このように、成長するきっかけや機会を与えてくれる事に大変感謝しています。

この会社を選んだ理由

Uターンして地元で就職したいという想いは強かったのですが、大学で学んだ事を活かせる職業がなかなか地元にはなく、就活で出遅れてしまいました。そんな時、地元で馴染みあるスーパーマーケット「カブセンター」に惹かれました。1次選考での人事担当者の方のお話や社長が直接語るトップライブを聞き、この会社で働きたい!という想いが徐々に強くなりました。当社は、衣食住の中でも生命維持に一番大切な「食」に携わるお仕事をさせて頂いており、企業理念にも掲げている、「日々の暮らしをより豊かに」するために、週に何度も足を運んで下さるお客様に、売り場で楽しんで頂き、感動して頂き、そしてまた来たいと思って頂く事が、私自身のやりがいに繋がるのではないかと思いました。5次選考まで残った時には、「絶対合格して入社したい!」という想いに変わっていました!

やりがいに感じていること

地元で働いているので、学生時代にお世話になった野球部の監督や友達がお店に顔を出してくれて「元気か~?」と声をかけてくれたり、毎回お店に足を運んで下さる常連のお客様に、「いつもご来店頂きありがとうございます。」とお声掛けしたり、沢山の方と触れ合う事ができるスーパーマーケットという仕事自体にやりがいを感じます。また、当社では年に2回、全店全部門が競って賞を狙う「ベニリンピック 」という大会があるのですが、今回冬のベニリンピック で73部門中、当店の日配部門が見事、金メダルに輝く事ができました!この大会は、全店10店舗で競う売場大賞と73部門で競う部門別の金・銀・銅の賞があるのですが、日配部門は、1ヶ月程前から、チーフの私・社員・パートさんが一丸となって、売り出したい商品を決めたり、売り場の見せ方を工夫したりと準備に取り組んできました。当日は、社長はじめ、本部から総勢10名の審査員が売場に顔を出し、売上数値や売り場づくりをチェックしていきます。事前準備など大変な事もありましたが、部門全員が協力し一丸となって取り組んだ結果、金メダルを獲得できた時は、感無量でした。

大変なこと・失敗談

仕事で大変な事ですが、今、当店は人手不足で求人を出してもなかなか応募がない状態です。パートさんにあまり負担をかけたくないので、早く人員補充をしたいと思っています。ベテランパートさんは、仕事の能力も高く、大変貴重な人財ですので、パートさんの負担を少しでも軽減し、働きやすい環境を作るのも私たち社員の役目だと思っています。また入社当初は、「土日休みじゃない」事が大変でした。週末、友達との飲み会に参加できず寂しい想いもしましたが(笑)、何度か土日の休みを経験してみると、道は混んでいるし、お店も混んでいるし、銀行は開いていないし、平日休みの特権が分かるようになり、今では平日休みの方が私には合っていると思います(笑)

職場の雰囲気

一言で言うと、明るい人が多いです!「みんな友達!」みたいな感覚で楽しく仕事をしています。店長やチーフや社員がどれだけパートさんに寄り添って信頼関係を構築していけるかが大切だと思います。また、本部社員も現場によく顔を出してくれ、現場のスタッフ全員とコミュニケーションを取り、仕事の話やたわいもない話で現場を盛り上げてくれます。私も10年以上のベテランのパートさんには、息子のように可愛いがられています(笑)

将来のビジョン・目標

最近、本部から「熊野は将来、バイヤーと店長、どっちの道に進みたいんだ?」と聞かれる事があるのですが、私自身、色んな事を経験したいと思っているタイプなので、色々経験した後に自分に合った道を選びたいと思っています。また、昨年、リクルーターを経験させてもらい、採用活動に携わる事が出来ました。新卒の学生達と触れ合う事ができたお陰で、私自身の考え方も変わり、現場に戻ったら「育成」に重点を置いた仕事の仕方をしよう。と少し視点が変わりました。例えば、当店でアルバイトをしている学生に対し、将来この会社で働きたいと思ってもらえるように、育成する事を意識し実践したりしています。これからも育成のノウハウを学び、更に実践していく事が今後の目標でもあります。後は、ベニリンピック 2連覇ですかね!(笑)

こんな人と一緒に働きたい!

人事部 チーフ  野村 敏郎

1つは、他でやっていないことを何でも実践してみようとする「チャレンジ精神」のある人。2つ目は素直な人。3つ目はミスはしてもいいけど、クオリティを追求できる「責任感」のある人。4つ目はお客様のために何ができるか常に考えられる「発想力」のある人です。その中で1つでも持っている人とはぜひ一緒に働きたいです。

うちの会社の取り組み自慢

カブセンター弘前店 日配チーフ  熊野 健人

毎月1回日曜日に、全店10店舗でコストコフェアを開催しています。このフェアはお客様に大変好評で、心待ちしているお客様が沢山いらっしゃいます。また、ベニリンピック とは別に、月に2、3回、バイヤー指定の商品を売り出す「部門別の販売コンテスト」があります。10店舗の日配部門の中で競い合い、PI数値から判断して一番売れた店舗に賞金がくるので、その賞金を貯めて、部門で飲みに行っています(笑)仕事を離れて一緒に飲みに行く事で、仕事とは違う雰囲気でコミュニケーションを取る事ができるので、とても貴重な時間です。

企業情報

紅屋商事株式会社小売業

所在地1(本社) 〒030-0801 青森県青森市新町2丁目5番8号
所在地2 〒036-8084 青森県弘前市高田4丁目2番10号 カブセンター弘前店2F
資本金 5,000万円
従業員数 1382名(2017年3月時点)
平均年齢 36.1歳
設立 1959年
売上高 約420億円(2016年度)
事業内容 ショッピングセンターの経営、スーパーマーケットの経営、スーパードラッグストアの経営

保険

健康保険あり厚生年金あり雇用保険あり労災保険あり

福利厚生

ポイント制退職金制度、借上社宅制度、財形貯蓄、従業員持株会、労働組合、育児休暇

休日・休暇

週休2日制(月7日~9日)

特別休暇、慶弔時休暇

雇用状況

年度 採用人数 離職人数
26年度 27人 11人
27年度 17人 2人
28年度 13人 2人