• 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信

有限会社ゴールド農園

http://www.goldnouen.com

「地域農業の発展に貢献し、食の提供者として消費者に対して責任を果たすこと」を理念とし、350名の会員の皆様のりんごを販売することをメインに加工事業も行っております。又、消費地に出向いての販促活動や消費者を招いての交流会等も行っており「貢献と責任」を果たすべく社員一丸となって頑張っております。

管理職者インタビュー

うちの会社のここがすごい!

当社には組合員(りんご農家)が350人いるため、相場に関係なく安定した仕入ができているところが強みです。また、熟成した美味しさにこだわって作っている「葉とらずりんご」は取引の9割を占めています。このりんごを作るきっかけとなったのが、「何で葉っぱをとるの?」「葉っぱをとるとおいしの?」という素朴な質問でした。実は葉っぱには栄養を作る力があります。見た目を重視した結果、熟成する前に出荷していたものを本来の自然そのままの熟成した美味しいりんごをお客様に食べてほしいという思いで商品となりました。りんごの実にしっかりと残っている葉っぱの影が美味しさの目印なのです。

私が大切にしていること

私自身生産者でもありますが、生産者と経営者のバランスを常に意識しています。理念でもある「安全で美味しいりんごを作ること」と生産者が継続して安定経営ができるためにはバランス感覚が大事だと思っています。夏に12月の入荷がどれ位見込めるかを想定して単価を決定し、会社も生産者もバランスよく利益を出さなくてはいけない。会社だけ利益を追求するわけにはいかないところが普通の会社と違うところかも知れません。また、生産者とのコミュニケーションも大切にしています。年何回か研修や旅行など会う機会を計画的に作って交流を深めるようにしています。

やりがいに感じていること

一番は、1年終わって最終精算したときに農家の皆さんの笑顔を見た時は嬉しいし、達成感があります。ゴールド農園さんのお陰で安心して経営できるようになって息子さんを呼び戻すことができたなどの話は喜びを感じますし、やりがいを感じる時ですね。若い世代の農家さんが増えていることも嬉しいです。また、自分自身のことですが、代替わりして初めての大きな事業が7億の倉庫を建てたことで、その準備を進めてきたこと、完成させたことの喜びは今でも思いだします。

こっそり教えて!自身の失敗談

夏の研修旅行でのことですが、夜中に携帯電話がなって何事かと思ったら、集合時間の朝8時だった。という事がありました。普段は農家でもありますし、前夜お酒をいくら飲んでも自然に朝早く起きるのですが、よほどリラックスしていたのでしょうね、代表になってからの出来事でしたので大変恥ずかしい思いをしました。

将来目指す姿

何度も繰り返すようですが、今まで以上に農家さんの幸せと、安全で美味しいりんご作りと、安定経営ができることです。そのためには、取引先・生産者・消費者の皆様に安心してお付き合いしてもらえるように、企業の組織的な部分を更に強化していくことが必要だと思っています。将来の管理者も育成していかなといけないですし、若い人材も獲得していく必要もあります。現場の若い社員にも作業をこなすだけではなく、どんどん経営に参画してもらえるように更に責任ある仕事を任せるようにしていきたいです。

社員インタビュー

うちの会社のここがすごい!

りんご生産者の組合員が350人いるところです。会社としては、生産者が直接りんごを搬入してくれるので市場に買いに行く必要がないということ、生産者としては仲介料を支払うことがなく出荷できることと、自社に加工場もありますので市場に出荷できないりんごについても商品にすることができるメリットがあります。また、組合員も増え続けているため、取扱量も増えていて会社規模が大きくなり続けているところもすごいことだと思います。

この会社を選んだ理由

青森県はりんごの県、その中でも弘前市の市場は大きく、身近にはりんごに関わる仕事をしている人が多いというのはきっかけになりました。しかし、私自身は工業高校で建設業に関わることを学んで、りんごの知識は殆どない状態で入社しました。こんな私が働き続けられたのは、体力に自信があったこと、信頼してくれる上司がいて同年代の同僚がいて人に恵まれた環境だったこと、あとはりんご農家の安定と地域の経済に貢献できていることが励みになっているからだと思っています。

やりがいに感じていること

直接お客様の声を聞ける機会はやりがいを感じます。即売会で全国のスーパーなどに出向く機会があり、消費者に直接説明して売れることやその場で感想を聞けたり、運営側の様々な人との出会から交流が生まれたりすることも嬉しいです。「葉とらずりんご」の知名度もアップしていると実感できる瞬間でもありますね。また、後輩を育てることにもやりがいです。目の前にある仕事はもちろんですが、自分が会社の中でどんな役割をしているのか、経営の事も含めた会社全体を考えられるようになってほしいという思いがあります。

大変なこと・失敗談

りんごの出荷の時期の見極めは責任がある仕事の1つです。りんごは収穫時期が種類によって違うため、どう現場を回すと効率的に商品を売り切ることができるか、その年によって天候も量も価格も違うので常に考えなければいけません。また、繁忙期の9月~11月は、管理する作業員が50人になるので、体調管理・事故・機械のメンテナンス・荷造り、これらに対していつも以上に気を配らなければいけないことは大変な事ですし、大切にしていることです。職場の雰囲気を保つために自ら進んで声がけなどしてコミュニケーションをとるようにしています。

職場の雰囲気

同年代が多いので和気あいあいしています。管理者は同年代が多く同じ立場での意見交換がとても心強いです。また、上司はいい事、悪いことをしっかり言ってくれて頼りにしていますし、学ぶ所が沢山あります。また当社はゴルフをする人が多くプライベートでも一緒に出かけるのですが、仕事以外の話題となり良いコミュニケーションの機会になっていると感じます。倉庫には大音量のBGMを流しており、作業員(近所のおばちゃん達が多い)が好きな演歌をたまにかけたりすると喜びます(笑)

将来のビジョン・目標

将来的には販売部門をやってみたいですね。りんごがどんな価格でどこへ販売してどんな方法で消費者に届いているかを知りたいし、そこに関われることは会社の経営にも関わってくると思うので、会社の利益に貢献できる人になりたいです。
それが、りんご農家さんの利益や幸せにつながるのはとてもやりがいとなると思います。今は販売からの指示書に添って「選果~出荷」の部分を担当しているので、その先の商品の流れを最後まで見たいと思いますし、市場の人とのコミュニケーションも大変興味があります。

こんな人と一緒に働きたい!

代表取締役  石岡 繁行

石岡 繁行 しっかりと自分の考えを持っていて人の話を聞ける人、まっすぐ人の目を見て話す人と一緒に働きたいですね。面接では人となり、性格を重要視しています。現在、管理者は50代が多いので10年後の世代交代に向けて、若い人材を育てていかないといけないですし、さらに幹部候補生も今必要としている人材です。

うちの会社の取り組み自慢

りんご事業本部 りんご部 係長  山中 雄太

山中 雄太契約農家さんと一緒に行く県外研修があります。取引先である生協の組合さんが20人~30人1泊2日で現地視察と交流する取組は何年も継続しています。いつも手元に届くりんごの袋詰め作業などを体験等してもらうことによって、消費者側のリアルなご意見を聞く貴重なものなっています。「葉とらずりんご」もこの交流に参加した方の“見かけはいいから美味しいりんごを下さい!”という要望から生まれた商品です。また、毎年5月桜が咲く時期にテント張りから炭おこし、食材準備など全て会社で段取りしてやるBBQは総勢100名を超えるもので、様々な方々と交流ができ、その規模はとても圧巻です。

企業情報

有限会社ゴールド農園りんご卸売・加工品製造

所在地1(本社) 〒036-8265 青森県弘前市大字下湯口字村元182-3
所在地2 〒036-8265 (加工場)青森県弘前市大字下湯口字扇田112-3
資本金 8,000万円
従業員数 32人
平均年齢 46歳
設立 1992年9月
売上高 265,000万円
事業内容 会員制によるりんごの集荷・販売及びりんごジュース製造・販売

保険

健康保険あり厚生年金あり雇用保険あり労災保険あり

福利厚生

中退共他退職金制度

休日・休暇

1年単位の変形労働時間制

雇用状況

年度 採用人数 離職人数
26年度 1人 0人
27年度 3人 0人
28年度 1人 0人