• 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信

有限会社ケイエス青果

http://www.ks-seika.com/

売るのではない。買っていただいて笑顔になっていただくために何をすべきか考えること

経営者インタビュー

うちの会社のここがすごい!

当社は10代続く農家であり、蓄積された農業技術活かした生産から販売までを自社で行っています。環境にやさしい農業(環境保全型農業)による農産物の生産により、環境負荷の低減と消費者の求めるより安全・安心な農産物供給に努めています。雪深い地域ならではの雪を利用したり、美味しい農産物を作ることを日々探求し続けております。

私が大切にしていること

地域に密着した会社でありたい。6月末~7月初めにかけてにんにく「掘り取り」体験ツアーを実施し参加費の一部を地元の社会福祉協議会に寄付するなどの活動もしておりこれからも継続していきたい。また社員に対しては、自らが働いてる姿を見せることを大切にしている。

やりがいに感じていること

なんと言っても、直接お客さまから聞く「ありがとう」の言葉と「笑顔」です。そのために日本国内はもちろん海外まで社長自らが出向いて行きます。

こっそり教えて!自身の失敗談

商品のラベルを間違えて貼ったことがある。すぐに気づき消費者に届く前に回収することができたが、この経験から今は3重にチェックを怠らない。

将来目指す姿

田舎館の村民全てを雇用できるくらいになりたい。海外への販路拡大の可能性も持ちながら、まずは国内の人達に知ってもらい食してもらいたい。そのためには手軽に手にとってもらえる安価で提供できることも考えながら、手に取る全ての人を笑顔にしたい。

社員インタビュー

うちの会社のここがすごい!

繁忙期などには部署を超えたチームワークにより臨機応変に業務を遂行できる力を社員みんなが持っているところ。社長が明るく元気に失敗も「大丈夫!」と受け止めてくれるところ。

この会社を選んだ理由

にんにくというと南部が有名だが、津軽のにんにくもまた同様に知ってほしいし、そのために力になりたいという気持ちを持ちました。

やりがいに感じていること

最初は黒にんにくの店頭販売の難しさを経験し、どうすれば商品の良さを伝えられるか日々食べることと知識を学ぶ努力をしてきたところ、直接お客様から嬉しい言葉をかけられたり商品の良さが伝わった時にやりがいを感じます。

大変なこと・失敗談

あまり大変なことはないのですが、注文を頂いてから納品までの時間がない時、できるだけ要望に答えることをモットーにしているため、時間に追われて仕事をする時大変だと思うことがあります。

職場の雰囲気

チームワークがとにかく良く、アットホームな雰囲気です。いざ仕事となるとそれぞれの職務に責任を持ってお客様に喜んでもらえることを日々考えている。

将来のビジョン・目標

「津軽じょっぱり親父の黒にんにく」の認知を高めること、それと同時に田舎館の認知も深めたい。そのためには、機会があればどんどん外に出て販売し、直接商品の良さを伝えていくこと。

こんな人と一緒に働きたい!

代表取締役 葛西 喜代作

自分の信念を持ち、自ら考え成長できる人。

うちの会社の取り組み自慢

受注管理 田中 三枝子

食の安全性を確保するため「A-HACCP」(青森県食品衛生自主衛生管理認証制度)認定に向け社員全員が取組んでいる。

企業情報

有限会社ケイエス青果青果物小売業

所在地1(本社) 〒038-1133 青森県南津軽郡田舎館村大根子字松橋171
資本金 2,300万円
従業員数 11名
平均年齢 40歳
設立 1994年6月30日
売上高 1億8,500万円
事業内容 にんにく・りんごの生産、黒にんにくの製造・加工販売

保険

健康保険あり厚生年金あり雇用保険あり労災保険あり

福利厚生

中小企業退職金共済・育児休暇・健康診断

休日・休暇

日・祝

年末年始(12/29~1/4)夏季休暇・年次有給休暇

雇用状況

年度 採用人数 離職人数
25年度 0人 0人
26年度 0人 1人
27年度 1人 1人