• 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信

株式会社マルヌシ

http://www.marunushi.co.jp

日本有数の漁港である八戸港の近くにある水産会社です。サバやイカなどを鮮魚出荷したり、しめさばや塩辛といった加工品を製造販売したりしています。近年、全国的な水揚げ量の減少や、若年層の魚離れなど、水産業界を取り巻く環境は厳しさを増しています。しかし、そんな逆境でも、新たな発想やアイデアを持って生き残る企業は存在します。弊社は斬新なアイデアを実現化し、異彩を放つ企業になりたいと考えています。

管理職者インタビュー

うちの会社のここがすごい!

当社は、鮮魚、冷凍品・加工品の製造ができ、前浜に上がる鮮魚や冷凍原料、輸出入に至るまで、水産全般を扱っています。2017年はイカが不漁でサバやイワシが大漁でしたが、毎年変化する水揚げの魚種や数量に対して、早い段階で港の情報を取り入れ、熟練した経験を活かし、柔軟に対応できる事が強みだと思います。
営業マンは私も含め9名居るのですが、鮮魚、冷凍品、加工品、輸出販売と全ての部門の対応が可能ですのでスピード感もあり、営業と現場が密に連絡を取り合っているため、お客様のニーズに合わせた規格外の商品の製造も対応可能です。更に、当社は輸出販売にも力を入れており、近年では国内の魚の消費量が冷え込んでいる中で、国外にも原料や加工品を輸出しておりますので、今後更なるグローバル展開も期待できると思います。
また当社は、2016年にHACCPの認定を取得致しました。今後も、より新鮮に、より美味しく海の恵みを食卓にお届けする事をお約束します!

私が大切にしていること

やはり、お客様第一です!お客様なくして我々の商売は成り立ちません。お客様の要望に対して決して「できない」とは言わず「できる」方法を考えて対応してきました。このように信頼関係の構築に努めてきた結果、担当が変わっても、お客様は離れる事なく、今でも継続して取引をして下さっています。
また、ここ数年は、人財育成に力を入れています。縁あって、一緒に働く事になった仲間なので、当社で共に成長・活躍して頂きたいという想いがあります。

やりがいに感じていること

一社員としての立場では・・・原料仕入れの際に丁度大量の水揚げがあり、安価で購入する事ができました。その結果、低コストで製品になり、当社の利益が沢山とれた上で、取引先にも安く提供できました。このように、Win-Winの関係を築く事ができた時、喜びを感じる瞬間ですし、この仕事の醍醐味でもあると言えます。
部長としての立場でも・・・同様ではありますが、各部門毎の目標を達成し、売上・利益に貢献できた時は、やはり嬉しいです。

こっそり教えて!自身の失敗談

先程のやりがいの話と真逆の話になるのですが、入社して間もない頃、冷凍イカの思惑買いをした結果、その後の相場の変動により、思ったように利益を出せず、失敗してしまったという苦い思い出があります。その当時の失敗があるからこそ、次の成功に繋がっていったのだと今になればポジティブに考える事ができますが、当時は相当凹みました・・・

将来目指す姿

近年、輸入や前浜の水揚げが減少し、魚価高になってきています。その変化に対応できるよう、今後も情報共有システムを駆使し社内や得意先と共有し、スピード感を大切に仕事をこなしていきたいです。そして迅速で的確な判断ができるよう、今後も日々精進あるのみです。また、世界に目を向け、海外の取引先を増やし、更なるグローバル展開を目指していきたいと思います。

社員インタビュー

うちの会社のここがすごい!

八戸市内に50社程ある水産業の中で、当社は毎年、買付金額が5本の指に入り、冷凍・加工・鮮魚、全ての取扱いがあるところが凄いと思います。また、当社にはプロフェッショナル人財が沢山おり、営業マンは、どこの魚屋さんよりも魚を買い付けするんだ!という意気込みと魚の目利きは誰にも負けずプロフェッショナルですし、冷蔵庫マンは、庫内の図面が頭の中にあり、種類も量も膨大な在庫の中から瞬時に必要な商品を運び出すスキルがプロフェッショナルです。

この会社を選んだ理由

2011年の震災を境に前職を退職せざるを得ない状況となり、仕事を探していたところ、当社の求人を見つけました。わたしは、市場でセリ人をしていた経験もあり、その頃から、何でも買い付けする強い会社だなと思っていました。わたしの仕事人生が、魚屋一筋で、18歳の頃からこの業界に携わっていた事もあり、自分の経験とスキルを活かす事が出来るのではないかと思い応募しました。

やりがいに感じていること

その日の水揚げ量が多い魚種を大量に買い付けし、1日の仕事の組み立てを決めます。その後、個別に箱詰めし、色んな市場に売りさばき、うまく売れて利益がでた時は、達成感があります。そして後日、取引先から電話がきて「マルヌシさんの商品が凄く良かったから、上手に売りさばけたよ!」と評価されると大変嬉しいです。日々、そういった瞬間があるので、1日を終える度に達成感があります。頑張った自分には、きちんとご褒美(ビール)をあげ、明日への活力へとつなげています(笑)

大変なこと・失敗談

この業界一筋ですので、朝が早いのには慣れました(笑)
私は釣りイカ担当なのですが、シーズンになるとお昼ご飯を食べるのも忘れて出荷準備をし、気づいたら退勤時間を過ぎていて、お腹が空き過ぎた事が何度かあります(笑)
また、時々疲れが溜まると、車を間違えたり、コンビニの自動ドアに頭をぶつけたりする事がありますが(笑)、鮮度の良い魚を見るとテンションが上がるので、つくづく自分は「魚が好きなんだな。この仕事が好きなんだな。」と思います。わたしにとってこの仕事は天職ですね!

職場の雰囲気

穏やかな雰囲気でありながら、事務所は明るく活気があり、工場は熟練者が多く仕事もテキパキこなしていて、同じく活気があります。わたしは、事務のベテラン女性社員に営業補佐をしてもらい、いつも助けられているので、頭が上がりません!

将来のビジョン・目標

今のままのスタイルで、常に何でも取り扱いができる知識と技術をこれからも磨いていきたいです。不得意な魚種がないように、魚種に問わず全て大丈夫です!と自信を持って言えるように、先輩達に負けず劣らずこれからも成長し続けていきたいです。そしてゆくゆくはお魚マイスターの資格取得もあるかも?

こんな人と一緒に働きたい!

取締役営業本部長  永田 雅之

魚屋は挨拶が基本です!明るくて元気で活気がある人!ハキハキしていて威勢が良い人!

うちの会社の取り組み自慢

営業部 係長  早狩 盛夫(しげお)

1月~3月までは閑散期になり身体がなまるので、仕事帰りに近くの体育館で1、2時間程度、卓球やバドミントンなどのスポーツをして体を動かし、コミュニケーションをとっています。常にメンバーは5人~10人程居るので、形になりますし、卓球に関しては小学生に教えているプロレベルの方が居るので、社員のレベルも年々上がってきているのではないでしょうか。
また、スキーシーズンには、自然と「マルヌシスキー部」が発足され、社内でスキーツアーのチラシが回覧されます。参加者は、それぞれ乗り合いでスキー場へ行き、個々に滑り、皆でお昼を一緒に食べた後は、夕方まで滑る人、温泉にゆっくり入って帰る人など「現地集合・現地解散」というゆる~いイベントではありますが、当社の面白い取組みかと思います。

企業情報

株式会社マルヌシ水産業

所在地1(本社) 〒031-0821 青森県八戸市白銀二丁目5-1
資本金 8,000万円
従業員数 90人
平均年齢 40歳前後
設立 1975年6月
売上高 56億円(平成29年2月期)
事業内容 冷凍・冷蔵業、鮮凍魚出荷販売、加工食品製造販売

保険

健康保険あり厚生年金あり雇用保険あり労災保険あり

福利厚生

退職金制度あり(勤続3年以上)

休日・休暇

年間休日数87日(日曜日以外の休日は会社カレンダーによる)

年次有給休暇日数10日(6ヶ月経過後)

雇用状況

年度 採用人数 離職人数
25年度 0人 0人
26年度 0人 0人
27年度 0人 0人