• 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信
  • 企業の魅力発信

株式会社よこまち

http://www2.yokomachi.com

当社のマークは、社名のYとOとで、四葉のクローバーをくわえた鳩をイメージしています。Oは地域、Yは私達社員・企業、クローバーは価値のある商品を表しています。出店させていただく地域で信頼され、愛される企業・社員でありたいとの願いが込められており、本当に価値のある確かなものをお届けすることで「お客様の健康な食生活のお手伝いをさせていただきたい」というのが、私たちの経営理念です。

経営者インタビュー

うちの会社のここがすごい!

社員を大切にし、社員を人財と考える当社の経営姿勢は「あおもりWORKLIFEバランス推進企業」として認定を受けています。「みんなで楽しむこと」「みんなで感動を共有すること」を大切にできていることが、当社の強みの一つです。また当社は、地域密着型の経営を続けることで、創業113年を迎えることができました。地域に支えられ、地域との絆が強いことが、もう一つの当社の強みになります。

私が大切にしていること

私達は、本当に価値のある商品を提供するために、安易な安売り競争には参加しません。お客様の「楽しい食卓」を演出する売場づくり、「楽しい買い物ができる」店づくりを通じて、お客様に本当に価値のある商品を提供することが、よこまちの経営戦略です。私達は、そのために「この街によこまちがあってよかった」と喜んでいただける店づくりを、常に情熱をもって目指しています。

やりがいに感じていること

「ありがとうございます。」と言わせて貰えることにやりがいを感じています。数ある小売店の中から私たちのお店に足を運んでくださるお客様に「ありがとうございます。」数ある職場の中から私たちの職場を選んで就職し働いてくださっているスタッフに「ありがとうございます。」お店で販売する商品を納入してくださっているお取引先様に「ありがとうございます。」それを伝えられることと、逆に「ありがとう」と言って貰えることにやりがいを感じます。

こっそり教えて!自身の失敗談

仕事のことでスタッフから相談をされることがあります。以前の私は「相談に来たからにはアドバイスが欲しいんだな」という先入観から、色々なアドバイスをし「アドバイスをしてやった」という一種の自己満足がありました。相手は実は話しを聞いて欲しかっただけ、とか、そういうアドバイスが欲しいんじゃないんだ、とか。ずいぶんと悔しい思いをしました。今は、まずは相手の気持ちに寄り添うことを忘れずに、話すより聴くを実行しています。

将来目指す姿

私達は女性が働きやすく働きがいを感じることができる会社づくりを目指しています。現在、10部門ある商品部では4人の女性がリーダーとして活躍していますので、今後は店長になる女性を育成していきたいと思っています。当社の店舗には平均70人ほどのスタッフがいますが、「みんなと一緒に店を育てて行く」ような女性店長の誕生とそれに続く女性の活躍が将来目指す姿です。

社員インタビュー

うちの会社のここがすごい!

各店舗には当社が契約している生産者が、収穫した野菜や果物を直接持ち込んで販売できるコーナーがあります。季節によって品揃えも変わりますし、生産者それぞれにこだわりのある品物がたくさん持ち込まれます。価格がリーズナブルでお客様からの評判も良く、生産者が直接持ち込むので鮮度も抜群です。店と生産者、生産者とお客様とのコミュニケーションがとれる場としても人気のコーナーです。

この会社を選んだ理由

大学を卒業したら地元の企業で働きたいと考えていました。就職活動をしていた4年生の1月に参加した就職面談会で、よこまちストアの担当者のお話を聞いて、地元に密着している会社で、働いている方達も活き活きとしている所が印象に残り、入社するきっかけになりました。また、祖母が農家で苺を栽培していることから、よこまちストアに入社して青果担当を強く希望しました。

やりがいに感じていること

八戸の市場だけではなく、東京・仙台の市場、また日本各地の産地を見て回れることは、なかなか経験できることではなく、現地での商談は、まだまだ経験の浅い私にはとても貴重な体験でやりがいを感じます。新しい産地で新しい野菜や果物と出会い、それを売って目標達成した時の充実感は何ものにも代え難いです。全店舗の青果物の仕入れを任せられているという責任重大な任務にも、とてもやりがいを感じています。

大変なこと・失敗談

私は青果の商品部バイヤーとして毎朝、市場へ行き商品の買い付けをしています。実は朝起きるのが苦手で、以前は朝早く起きることが一番大変でした。市場に行くようになった最初の頃に1度だけ寝坊をしてしまいした。その時の上司には心配をかけてしまいました。今では朝早く起きることにも慣れました。早起きして市場に出かけ、新鮮な野菜や果物に囲まれて深呼吸をすると、とても清々しい気分になります。

職場の雰囲気

よこまちには元気と活気があり、一番元気なのが社長です!お取引先様には「社長が一番元気だね」と良く言われます。社長をはじめ会社の社員、パートさん・アルバイトさんもみんな元気があります。たくさんの素敵な仲間が働いている中で、お客様やお取引先様との出会いもあります。そんな環境の中で自分を磨いていける会社です。10代から70代まで幅広い年齢層の人が働いていて、家族のような温もりのある職場です。

将来のビジョン・目標

青果バイヤーとしてはまだまだ勉強不足です。地元の商品はもちろん、全国各地からもこだわりのおいしい商品を集めて販売していますが、商品知識など生産者や市場の人に聞きながら日々勉強しています。直接産地を視察できる時は貴重な機会として大事にしています。少しずつでも、このような生産者や取引先との直接コミュニケーションのとれる場面を増やし、学び、そして生産者の想いを売場に反映できるようにしていきたいと思います。

こんな人と一緒に働きたい!

管理部 部長 尾﨑 淳

(1)元気よく大きな声で挨拶ができる人
(2)素直に「はい」と返事ができる人
(3)自分の気持ちや考えを素直に口に出して相手に伝えられる人
(4)素直に自分の間違いを認められる人
(5)素直に自分の非を認め謝ることができる人
(6)自分の成長に貪欲で前向きな人
(7)フットワークが良くレスポンスの早い人
(8)自分が感動したい人
(9)他人を感動させたい人
(10)みんなで感動を共感したい人

うちの会社の取り組み自慢

商品部 青果担当バイヤー 三浦 広幸

ハロウィンの時季には仮装したスタッフがお菓子を配っていたり、節分の時は鬼の格好をしたスタッフが店内をにぎやかにしたり、クリスマス、こどもの日など季節に応じたイベントでお客様に楽しく買い物して頂こうと取り組んでいます。
また、料理教室、バーベキュー教室、野球教室、スケート教室など社外での様々なイベントを通じて地域に密着した取り組みを行っています。

企業情報

株式会社 よこまち小売(百貨店・ストア)

所在地1(本社) 〒039-1101 青森県八戸市大字尻内町字八百刈39-3
資本金 4,830万円
従業員数 540名
平均年齢 40歳
設立 1961年5月
売上高 92億6,900万円
事業内容 小売業(スーパーマーケット)

保険

健康保険あり厚生年金あり雇用保険あり労災保険あり

福利厚生

表彰・報奨金制度、従業員割引制度(ポイント還元)、保養施設利用制度、退職金制度、各種レクリエーション活動他

休日・休暇

年間107日

育児休暇、介護休暇、看護休暇、有給休暇、特別休暇(慶弔等)

雇用状況

年度 採用人数 離職人数
25年度 7人 1人
26年度 7人 2人
27年度 11人 7人